【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
日米構造協議の政治過程[鈴木一敏]
  • Googleプレビュー

日米構造協議の政治過程 相互依存下の通商交渉と国内対立の構図 (Minerva人文・社会科学叢書)
鈴木一敏

6,480円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年02月28日頃
  • 著者/編集:   鈴木一敏
  • 出版社:   ミネルヴァ書房
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  261p
  • ISBNコード:  9784623065646

商品説明

はじめに


第1章 複数分野通商交渉と日米構造問題協議


第2章 複数分野を関連付けた交渉の力学


第3章 構造協議の構図


第4章 構造協議の交渉過程の分析


第5章 構造協議の交渉結果の分析


第6章 リンケージの分水嶺


付 録 日本側譲歩過程のデータ化





主要参考文献


あとがき


人名・事項索引

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日米構造協議は、単に日本が米国の外圧に屈した交渉なのか。日本は、どんなときに、どのような要求を受け入れたのか。そしてそれはなぜなのか。本書は、公開された一次資料を用いて構造協議の過程の詳細を分析し、省庁の縦割りを包括するアジェンダが、日米両国において国内対立を激化させる様を浮き彫りにする。そして、日米両政府の意志決定体制の在り方が、国際交渉の結果を規定する様を明快に示す。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 複数分野通商交渉と日米構造問題協議/第2章 複数分野を関連付けた交渉の力学/第3章 構造協議の構図/第4章 構造協議の交渉過程の分析/第5章 構造協議の交渉結果の分析/第6章 リンケージの分水嶺

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鈴木一敏(スズキカズトシ)
1975年静岡市生まれ。1999年東京外国語大学外国語学部スペイン語学科卒業。2004年東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程単位取得退学。東京大学大学院総合文化研究科学術研究支援員。2008年日本学術振興会特別研究員。2009年広島大学大学院社会科学研究科准教授。博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

6,480円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ