確率とその応用[栗山憲]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 数学

確率とその応用
栗山憲

2,700円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年04月09日頃
  • 著者/編集:   栗山憲
  • 出版社:   共立出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  197p
  • ISBNコード:  9784320110380

商品説明

確率については純粋数学で重要であるだけではなく、物理学・情報科学・工学・経済学など多くの分野への応用がある。さらには、地震・津波・原子力発電所問題などでも確率という言葉が流布しており、その意味を正しく判断するためには一般市民にとっても大事な分野である。本書は確率とその応用をはじめて学ぶ人のために、丁寧にわかりやすく書かれたテキストである。
 本書では、離散型の場合と連続型の場合について分けて書いている。離散型の場合についてはしつこいほど丁寧に記述しており、計算のみならず概念を正確に理解してもらうように努めている。たとえば、具体的な多くの例で全事象や独立性の概念を正確に理解できるよう記述している。また、本書の特徴として結合分布を詳しく記述しており、入門書では省略されることの多い平均(期待値)の線形性についても結合分布をもとに分かりやすく証明している。積率母関数の一意性についても、簡単な線型代数の知識で理解できるように証明している。分布についても2項分布やポアソン分布など重要な分布を紹介している。離散型の場合は基本的には、予備知識をあまり仮定しないでも理解できるように心がけた。連続型の場合については、おもに正規分布について詳しく記述している。微積分の基本的な知識は仮定しているが、密度関数の意味がきちんと理解できるよう説明している。
 またシャノン流の情報理論への応用と統計への応用についても紹介している。情報理論との関連では、重要な概念であるエントロピーについて理解できるよう説明している。統計との関連では、中心極限定理をもとに、検定・推定の意味を理解できるよう正規分布を中心に述べている。初心者にとっての疑問の一つである上側検定と下側検定との使い分けについて、具体例をもとに説明している。
第1章 はじめに
1.1 確率論の歴史
1.2 級数の復習と2重級数

第2章 確率空間
2.1 事象:和事象、積事象、余事象
2.2 集合論の補足
2.3 確率空間の定義
2.4 独立性、条件付き確率
2.5 ベイズの定理

第3章 離散型の確率変数
3.1 分布
3.2 期待値(平均)、 分散、標準偏差
3.3 いろいろな分布
3.4 積率母関数

第4章 情報理論などへの応用
4.1 エントロピー
4.2 1次元のランダムウォーク

第5章 連続型の確率変数
5.1 密度関数、平均、分散
5.2 正規分布
5.3 いろいろな分布
5.4 積率母関数
5.5 エントロピー

第6章 極限定理
6.1 大数の法則、中心極限定理
6.2 正規分布の応用

第7章 統計とデータ
7.1 母集団と統計量
7.2 推定
7.3 検定
7.4 回帰直線

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 はじめに/2 確率空間/3 離散型の確率変数/4 情報理論などへの応用/5 連続型の確率変数/6 極限定理/7 統計とデータ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
栗山憲(クリヤマケン)
1976年九州大学大学院理学研究科数学専攻博士課程単位取得退学。現在、佛教大学教育学部教育学科教授。山口大学名誉教授。理学博士(九州大学)。専攻は関数解析(量子情報理論、作用素論、作用素代数論)、岩盤力学の数値解析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,700円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ