江戸絵画の非常識[安村敏信]
  • Googleプレビュー

江戸絵画の非常識 近世絵画の定説をくつがえす (日本文化私の最新講義)
安村敏信

3,024円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年03月
  • 著者/編集:   安村敏信
  • 出版社:   敬文舎
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  311p
  • ISBNコード:  9784906822614

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
江戸絵画の「常識」となっている13の事柄を、「本当か?」と疑い、綿密な考証をほどこして検討、定説をくつがえしていく。また、19世紀の京・大坂で活躍した画家70人の事績を、年表とともに紹介する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
俵屋宗達の『風神雷神図屏風』は、晩年に描かれた傑作である。/光琳は宗達を乗り越えようとして、琳派を大成した。/江戸狩野派は粉本主義によって疲弊し、探幽・常信以降は見るべきものがない。/応挙が出て京都画壇は一変した。/長崎に渡来した沈南蘋は、三都に強い影響を与えた。/秋田蘭画は秋田で描かれた。/封建社会の江戸では、閨秀画家の活躍の場は少なかった。/上方で大成した南画は、谷文晁によって江戸に広められた。/浮世絵は江戸庶民の芸術であり、浮世絵師になったのも庶民である。/浮世絵はのちに錦絵といわれるように、版画が主流である。/奇想派があった。/東京芝・増上寺の『五百羅漢図』一〇〇幅は、狩野一信によって描かれた。/油画は明治になってから描かれた/将来の美術史へ向けての基礎的事実

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
安村敏信(ヤスムラトシノブ)
1953年、富山県生まれ。東北大学大学院修士課程(日本美術史)修了。1979年より板橋区立美術館に勤務。同館館長。江戸狩野派の研究と作品の発掘に携わり、「江戸狩野派の変貌」「宋紫石とその時代」「我ら明清親衛隊」など、江戸絵画の魅力を伝えるユニークな展覧会を数多く企画している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,024円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      NHK 趣味どきっ!(火曜) 体が硬い人のための柔軟講座 2017年8月〜9月[雑誌]
      電子書籍NHK 趣味どきっ!(火曜) 体が硬い人…

      1,134円(税込)

    2. 2
      yoron color
      電子書籍yoron color

      u-key

      100円(税込)

    3. 3
      なるほどデザイン
      電子書籍なるほどデザイン

      筒井 美希

      1,944円(税込)

    4. 4
      広角撮影の教科書
      電子書籍広角撮影の教科書

      1,361円(税込)

    5. 5
      筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法
      電子書籍筋トレが最強のソリューションである マ…

      Testosterone

      1,080円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ