まゆとうりんこ[富安陽子]
  • Googleプレビュー

まゆとうりんこ やまんばのむすめまゆのおはなし (こどものとも絵本)
富安陽子

972円(税込)900円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

この商品を含むセット商品

商品説明



最近「やまんばむすめ まゆのおはなし」シリーズを全然読んでいませんでした。2007年に「子どものとも」で出ていて、2013年に出版されていたんですね。
シリーズものって、人気が出て続いていくと、なんとなく同じパターンが続くばかりで、最初の「わぁ、すごい!」ってインパクトがなくなってしまうものが多いですが、
この「まゆ」のシリーズは物語1つ1つに強い力を感じます。

まゆが迷子のイノシシの子“うりんこ”に出会ったシーンの風景に、何度も描かれているのは≪シロツメクサ≫でした。
ですから季節は初夏、だと思います。
(調べたらイノシシが子どもを産むの時期はたいたい4月から5月頃でした)

一言でこの物語をまとめると、まゆがおかあさん代わりになって、うりんこのお世話をする物語です。
まゆは、うりんこのお世話をしながら時々つぶやきます。
「おかあちゃんて、○○だ」……って。
まゆがいうことで、読み手や聞き手の子どもたちは“おかあさんのおかあさとしての仕事”のことを考えたり、なにかしら気づいたりするかもしれません。

この作品はできれば《母の日》の近くに、子どもたちに読んでみたいです。
(てんぐざるさん 40代・埼玉県 女の子20歳、女の子16歳)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ある日、やまんばの娘まゆは、林の中で迷子のうりんこに出会いました。まゆはうりんこのお母さんが見つかるまでお母さん代わりになってあげることに…。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
富安陽子(トミヤスヨウコ)
1959年東京都生まれ。主な作品に『クヌギ林のザワザワ荘』(あかね書房、小学館文学賞・日本児童文学者協会新人賞)、「小さなスズナ姫」シリーズ(偕成社、新美南吉児童文学賞)、『やまんば山のモッコたち』(福音館書店、IBBYオナーリスト賞)などがある。大阪府在住

降矢なな(フリヤナナ)
1961年東京都生まれ。スロヴァキア共和国在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    あっ。ど〜もど〜も。
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年10月09日

    子供が楽しみにしていたので、発送が早くて助かりました。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年11月27日

    このシリーズは子ども達も気に入っています。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年09月24日

    お母さんは大変だなぁ…という内容は全く理解して貰えませんが、年長の息子が楽しく読んでいました

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング(2016年12月08日)

     :第-位( - ) > 絵本・児童書・図鑑:第2902位(↑) > 絵本:第1622位(↑) > 絵本(日本):第1219位(↑)

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

お急ぎの方へ!まだ間に合います

翌日便

今からのご注文+350
 にお届けできます

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

972円(税込)900円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ