勝ち切るための馬券心理学〜なぜ日曜最終の大勝負を止められないのか〜[伊丹治生]
  • Googleプレビュー

勝ち切るための馬券心理学 なぜ、日曜最終の大勝負を止められないのか (競馬王新書)
伊丹治生

972円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年06月
  • 著者/編集:   伊丹治生
  • 出版社:   白夜書房
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  187p
  • ISBNコード:  9784861919862

商品説明

前作「勝てる思考の馬券術」で、心理学を必勝法にまで昇華させ、業界に新風を吹き込んだ伊丹治生の最新刊が完成!

自分の予想を信じ切れない、他人の何気ない意見に惑わされてしまう、オッズに振り回され当初の資金をつぎ込めない、など「ブレる」ことで失敗した馬券ファンは多いはず。
予想の精度を上げたとしても、実際にその買い目で買う、金額を張ることが出来なければ勝てません。つまり最終的な勝敗を分けるのは、“メンタル”なのです。 その“メンタル”をコントロールすることで、「惜しい外れ」を「何とか的中」に変えられれば、劇的に馬券収支は改善されることでしょう!
イラストは前作に続きタダトモミさんが担当、心理学用語には注釈付き、また特別企画として「馬券あるある」を78個収録しているので、読み物としてもお楽しみいただけます。

他人の予想に惑わされない心の持ち方/なぜ、馬券を買い過ぎてしまうのか?/本命党、穴党、それぞれの心理学的メカニズム/データと上手に向き合う方法/負けを引きずらないために

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
馬券は精神力の戦いだ。心理学的見地から解説する馬券あるある78。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 他人の予想に惑わされがちな人への処方箋/第2章 馬券を買いすぎてしまう人への処方箋/第3章 本命ばかり狙ってしまう人への処方箋/第4章 穴ばかり狙ってしまう人への処方箋/第5章 データに踊らされがちな人への処方箋/第6章 負けを引きずりやすい人への処方箋

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
伊丹治生(イタミハルオ)
1974年、兵庫県生まれ。20代前半のころ、競走馬の休養施設に3年間勤務。退職後、上京しギャンブル雑誌の編集プロダクションを経て、フリーの編集ライターとして独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

972円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    2. 2
      死ぬほど読書
      死ぬほど読書

      丹羽宇一郎

      842円(税込)

    3. 3
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造

      矢部 宏治

      907円(税込)

    4. 4
      戦争と平和
      戦争と平和

      百田 尚樹

      820円(税込)

    5. 5
      十五歳の戦争 陸軍幼年学校「最後の生徒」
      十五歳の戦争 陸軍幼年学校「最後の生徒」

      西村 京太郎

      820円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ