【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
太宰治母源への回帰[原子修]
  • Googleプレビュー

太宰治母源への回帰 (柏艪舎文芸シリーズ)
原子修

1,836円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 太宰治 母源への回帰【HOPPAライブラリー】 918円
紙書籍版 太宰治母源への回帰 1,836円

商品基本情報

  • 発売日:  2013年06月
  • 著者/編集:   原子修
  • 発行元:   柏艪舎
  • 発売元:   星雲社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  228p
  • ISBNコード:  9784434180019

商品説明

太宰治を母源喪失の観点から分析する、かつてない太宰治論。
北海道を代表する詩人であり、太宰治とルーツをともにする著者が、太宰治の心の深奥に迫る。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
太宰治を母源喪失の観点から分析する、かつてない太宰治論。北海道を代表する詩人であり、太宰治とルーツをともにする著者が、太宰治の心の深奥に迫る。太宰治ファン必読の書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 母源へのいざない(母源喪失のいたみー母たねからの隔離と、代母としての乳母と叔母きゑ/津軽・母源世界の差し招きー育ての乳母タケの出現 ほか)/2 地母神コンプレックスの曙(根源世界への誘導者・タケー縄文人タイプへの帰還/地母神コンプレックスの罠ータケの母性我 ほか)/3 母源奪還の旅(「日常我」と「非日常我」と「包摂我」の三極構造/憑依としての「非日常我」-小説『哀蚊』と『斜陽』 ほか)/4 マルキシズムへの母源迷走(通過儀礼のアーチ/「原始共同体」への回帰願望 ほか)/5 母源の遁走(エロスの罠/エロス・タナトス共時現象としての自死 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
原子修(ハラコオサム)
1932年、函館市生まれ。詩集『鳥影』で北海道詩人賞受賞、『未来からの銃声』で日本詩人クラブ賞受賞、『受苦の木』で現代ポイエーシス賞受賞。詩劇53作品118公演を道内・道外・海外で実施し、北海道芸術新賞・北海道文化奨励賞・札幌市民芸術賞・北海道文化賞を受賞。童話集『月と太陽と子どもたち』で北の児童文学賞特別賞を受賞。日本文藝家協会員、日本現代詩人会員、日本詩人クラブ会員、北海道文学館参与、北海道龍馬会会長、札幌大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,836円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      佐藤初女さんの心をかける子育て
      佐藤初女さんの心をかける子育て

      佐藤初女

      1,007円(税込)

    2. 2
      禅僧が教える心がラクになる生き方
      禅僧が教える心がラクになる生き方

      南直哉

      1,188円(税込)

    3. 3
      やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12
      やはり俺の青春ラブコメはまちがっている…

      渡 航

      680円(税込)

    4. 4
      マスカレード・ナイト
      マスカレード・ナイト

      東野 圭吾

      1,782円(税込)

    5. 5
      アナログ
      アナログ

      ビート たけし

      1,296円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ