【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
福島と原発[福島民報社編集局]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学

福島と原発 誘致から大震災への50年
福島民報社

3,024円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年07月07日頃
  • 著者/編集:   福島民報社
  • 出版社:   早稲田大学出版部
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  451,
  • ISBNコード:  9784657130174

商品説明

地元紙が見た人々の期待と現実。日本新聞協会賞《2012年度》受賞の執念の報道を再現。

・・・古里を奪はれ帰る場所もない棄民の群れの痛みも判らずにひたすら国の繁栄を唱える施政者とこの国の国民は,もはや人間失格である。福島の人々が懸命に取り組み続ける地方の現実の厳しさを今一度更めて凝視し直してほしい。
ーー倉本 聡
●覆された備え
第1部「前線基地」の苦悩ーーオフサイトセンター
第2部 防災の死角ーー国、県のシビアアクシデント対応
第3部 不意打ちーー川俣町・30キロ圏外の戸惑い
●託した夢は今
第4部 共生の功罪ーー大熊町・「夢」と破綻
第5部 立地の遺伝子ーー綿々と継がれた思い
●共生の光と影
第6部 攻防、電力マネーーー電源三法交付金・核燃料税をめぐって
第7部 振興への駆け引きーー福島県と東電の切っても切れない関係
●あまりに重い代償
第8部 推進と悔恨のはざまーー元東電幹部2人の40年
第9部 専門家集団の模索ーー原子力学会の反省と不安
●訴え届かず
第10部 安全への問い掛けーー福島県原子力安全対策課の苦闘
第11部 崩れた信頼ーープルサーマルをめぐる二転三転
第12部 遅れた巨大津波対策ーー貞観津波研究の遅れ
第13部 国策への異議ーー原告と判事・反原発訴訟の軌跡

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
地元紙が見た人々の期待と現実。新聞協会賞(2012年度)受賞、執念の報道を再現。

【目次】(「BOOK」データベースより)
「前線基地」の苦悩/防災の死角/不意打ち/共生の功罪/立地の遺伝子/攻防、電力マネー/振興への駆け引き/推進と悔恨のはざま/専門家集団の模索/安全への問い掛け/崩れた信頼/遅れた巨大津波対策/国策への異議

みんなのレビュー

  • 福島住民として
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年07月26日

    福島原発事故の地元住人として、地元メディアが報じたまとまった記録がほしかったので購入。
    満足です。

    2人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,024円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ