【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
【対話】共生[鈴木晃仁]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 生物学

〈対話〉共生 極東証券寄附講座
慶應義塾大学教養研究センター

2,592円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

社会における共生、生物における共生。

▼その関係は、共生? 寄生? それとも平等? 生物学の深津武馬氏、社会学の市野川容孝氏の二人の気鋭の学者が、「共生とは何か?」を、それぞれの学問分野から「進化」や「淘汰」とも絡めつつ問い直す、刺激に満ちた集中講義の書籍化。

▼深津氏は、アブラムシなどの昆虫の共生細菌や寄生微生物との細胞内での共生を中心に紹介し、市野川氏は、遺伝子診断、出生前診断、尊厳死・安楽死など、社会の中に生きる人間の共生関係を考察する。
二つの「共生」  鈴木晃仁

生物学から考える「共生」  深津武馬
 1 共生と生物進化
 2 共生細菌による宿主昆虫の体色変化
 3 共生微生物を利用した害虫制御ーー概念、実践、展望について
 4 兵隊アブラムシーー生態、生理、階級分化、社会調節から特異的発現遺伝子まで

社会学から考える「共生」  市野川容孝
 1 社会学と生物学──二つの共生概念
 2 遺伝子診断を考える
 3 出生前診断を考える
 4 ナチズムと医学
 5 尊厳死・安楽死を考える
 参考文献

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「共生」とは何か?生物学における「共生」、社会学における「共生」2つの「共生」から現代社会を考える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
生物学から考える「共生」(共生と生物進化/共生細菌による宿主昆虫の体色変化/共生微生物を利用した害虫制御ー概念、実践、展望について/兵隊アブラムシー生態、生理、階級分化、社会調節から特異的発現遺伝子まで)/社会学から考える「共生」(社会学と生物学ー二つの共生概念/遺伝子診断を考える/出生前診断を考える/ナチズムと医学/尊厳死・安楽死を考える)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鈴木晃仁(スズキアキヒト)
2011年度極東証券寄付講座「生命の教養学」コーディネーター。慶應義塾大学経済学部教授。1963年生まれ。1986年東京大学教養学部教養学科科学史・科学哲学専攻卒業。1992年ロンドン大学ウェルカム医学史研究所Ph.D、同研究所フェロー、アバディーン大学トマス・リード研究所フェローなどを経て、1997年より慶應義塾大学経済学部助教授、2005年より現職

深津武馬(フカツタケマ)
産業技術総合研究所生物プロセス研究部門首席研究員(兼)生物共生進化機構研究グループ長、東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻教授(兼任)、筑波大学大学院生命環境科学系教授(連携大学院)。理学博士。日本学術会議連携会員。専門は進化生物学、昆虫学、微生物学。昆虫類における多様な微生物との共生関係を主要なターゲットに設定し、さらに関連した寄生、生殖操作、形態操作、社会性などの高度な生物間相互作用をともなう生物現象について、進化多様性から生態的相互作用、生理機能から分子機構に至る研究を多角的なアプローチで展開している

市野川容孝(イチノカワヤスタカ)
東京大学大学院総合文化研究科教授。1964年生まれ。1993年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。明治学院大学社会学部専任講師などを経て、1998年より東京大学大学院総合文化研究科助教授(2008年、准教授)、2009年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,592円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ