天皇の短歌は何を語るのか[内野光子]
  • Googleプレビュー

天皇の短歌は何を語るのか 現代短歌と天皇制
内野光子

4,104円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年08月27日頃
  • 著者/編集:   内野光子
  • 出版社:   御茶の水書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  266,
  • ISBNコード:  9784275010445

商品説明

1天皇の短歌は何を語るのか 2勲章が欲しい歌人たち 3メディア・教科書の中の短歌 4『ポトナム』をさかのぼる

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
近現代において、天皇の短歌には政治的メッセージが潜んでいる。1945年8月以降の昭和天皇の短歌作品が日本の戦後政治史とどのような関係を持ったかをたどり、天皇の数少ない直接的な発信手段とみなされる「短歌」がその時々の政治権力とどのように呼応しあったのかについて考える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 天皇の短歌は何を語るのかーその政治的メッセージ性(昭和天皇の短歌は何が変ったのか/象徴天皇の短歌、皇統譜と護憲のはざまで ほか)/2 勲章が欲しい歌人たちー歌人にとって「歌会始」とは(勲章が欲しい歌人たち/芸術選奨はどのように選ばれたのか ほか)/3 メディア・教科書の中の短歌(短歌の「朗読」、音声表現をめぐって/竹山広短歌の核心とマス・メディアとの距離について ほか)/4 『ポトナム』をさかのぼる(小島清ー戦前・戦後を「節をまげざる」歌人/『ポトナム』時代の坪野哲久 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
内野光子(ウチノミツコ)
1940年、東京、池袋に生まれる。1963年、東京教育大学文学部(法律政治学専攻)卒業。学習院大学勤務を経て、1965年から国立国会図書館に11年間勤務。1976年、名古屋市に転居、1988年まで東海学園女子短期大学図書館勤務、この間、愛知学院大学司書講習会講師(参考業務)を務める。1988年、千葉県に転居、1994年まで八千代国際大学図書館勤務。退職後、立教大学社会学部修士課程(マス・メディア論専攻)入学、1998年修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

4,104円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ