これを語りて日本人を戦慄せしめよ[山折哲雄]
  • Googleプレビュー

これを語りて日本人を戦慄せしめよ 柳田国男が言いたかったこと (新潮選書)
山折哲雄

1,404円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2014年03月
  • 著者/編集:   山折哲雄
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  237p
  • ISBNコード:  9784106037436

商品説明

日本民俗学の母胎となる『遠野物語』の序文に記された激烈な言葉の意味は? 明治末刊行の代表作『遠野物語』に続き、『山の人生』では、さらに山間部の壮絶な人間苦が描かれた。近代を謳歌する当時にあって、柳田は文明から隔てられた過酷な人生に目を向け、そして晩年の『海上の道』では日本文化の根源を大胆に語った。その半生を俯瞰し、新しい学問・民俗学を通した日本人へのメッセージを探る。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
山に埋もれた人生を描いた代表作『遠野物語』が出されたのは明治末期。さらに『山の人生』では、山間部の壮絶な人間苦が描かれていた。小説という娯楽も広がり近代国家を謳歌する時代、柳田は文明から遠く離れた過酷な人生に目を向けていた。その半生を俯瞰し、民俗学という新しい学問を通して訴えたかったメッセージを探る今までにない柳田論。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 普遍化志向/第2章 平地人を戦慄せしめよ/第3章 偉大なる人間苦/第4章 折口信夫/第5章 二宮尊徳の思想/第6章 ジャーナリストの眼/第7章 「翁さび」の世界/終章 日本文化の源流

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山折哲雄(ヤマオリテツオ)
宗教学者、評論家。1931(昭和6)年、アメリカ・サンフランシスコ生まれ。1954年、東北大学インド哲学科卒業。国際日本文化研究センター名誉教授(元所長)、国立歴史民俗博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,404円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造
      電子書籍知ってはいけない 隠された日本支配の構造

      矢部宏治

      864円(税込)

    2. 2
      宝くじで1億円当たった人の末路
      電子書籍宝くじで1億円当たった人の末路

      鈴木 信行

      1,512円(税込)

    3. 3
      多動力
      電子書籍多動力

      堀江貴文

      1,436円(税込)

    4. 4
      借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ
      電子書籍借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙…

      小池浩

      1,177円(税込)

    5. 5
      生涯投資家
      電子書籍生涯投資家

      村上世彰

      1,400円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ