鮎友釣りの歴史[吉原孝利]
  • Googleプレビュー

鮎友釣りの歴史 江戸から平成まで友釣りは日々進化する日本の文化遺産
吉原孝利

2,160円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2014年04月
  • 著者/編集:   吉原孝利鈴木康友
  • 出版社:   つり人社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  127p
  • ISBNコード:  9784864470476

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
鮎を使って鮎を掛ける。世界にも類のないこの釣りは、いつどこで生まれ、どのようにして広がりをみせたのかーこの1冊ですべてがわかる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 鮎図録写真帖(浮世絵と最古の鮎釣り/粋人たちの鮎旅 知られざる鉄路の記憶 ほか)/第2章 鮎友釣りの起源とその技法(友釣りの起源/近代友釣技法の発生と伝播 ほか)/第3章 友竿の変遷(職漁師の友竿/釣り愛好家のための友竿(和竿) ほか)/第4章 近現代競技における鮎釣り(『鮎釣り烈士伝』以降のタックル進化/サオは軽量化から感性が求められる時代へ ほか)/第5章 過去と未来をつなぐ鮎友釣り文化(あの頃の友釣り、これからの友釣り/つり人アーカイブス『つり人』創刊号狩野川鼎談 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
吉原孝利(ヨシハラタカトシ)
1942(昭和17)年北海道生まれ。大学卒業まで北海道で過ごす。就職で上京。1970年代に転勤で静岡県西部に転居し、初めてアユ釣りに出会う。静岡県在住時代に地元アユ釣りの先輩達に各種のアユ釣り(エサ釣り、毛バリ釣り、ゴロビキ、友釣り)を教わる。1980年代後半に転勤で横浜市に転居。退職後、2003年1月に友釣りホームページ「友釣 酔狂夢譚」開設。2009年九州のアユ河川を巡り、目標をほぼ達成

鈴木康友(スズキヤストモ)
1949年東京生まれ。1971年(株)つり人社入社。『月刊つり人』編集に携わり、のちに編集長として幅広い釣りジャンルを取材するかたわらバスフィッシング専門誌『Basser』(1986年)、フライフィッシング専門誌『FiyFisher』(1988年)を創刊し、編集長を兼任。友釣り専門誌に関しては『別冊 鮎釣り』(1985年)、『鮎マスターズ』(1987年)創刊を手がける。1996年代表取締役社長に就任。日本釣りジャーナリスト協議会会長、財団法人日本釣振興会常任理事・環境委員会委員長、日本友釣会連盟理事、日本友釣同好会副会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,160円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ