スイートスイートウェディング[里崎雅]
  • Googleプレビュー

スイート・スイートウェディング (講談社X文庫)
里崎雅

680円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

???????拷?絎??1???????若??潟?????潟?
楽天Kobo 電子書籍版 スイート スイート ウェディング 594円
紙書籍版 スイート・スイートウェディング 680円

商品基本情報

  • 発売日:  2014年06月04日頃
  • 著者/編集:   里崎雅
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  253p
  • ISBNコード:  9784062868211

商品説明

生まれた時から、かつて敵国だった隣国へと嫁ぐことが決められていたエレアーヌ姫は、両親である王と王妃に愛情たっぷりに育てられ、敵国のことも婚約者も心から愛するようにと育った。一方、相手国のユリウスは、嫁いでくる姫は敵国のスパイであり、決して心許してはならぬと教えられてきた。誕生日ごとに交換される肖像画に想いをはせながら 王子に恋い焦がれて育った姫と 、姫に惹かれつつも、絶対に好きになってはいけないと自らを戒める王子。 時が満ち、エレアーヌが嫁ぐ日がやってきた。初めて会ったユリウスは凛々しく、エレアーヌはすぐに心奪われる。しかし、ユリウスは彼女に冷たい視線を向ける。臣下たちにも冷たくあしらわれ、不安を感じながらも持ち前の明るさで結婚生活をがんばろうと健気に思うエレアーヌ。ユリウスのほうも、彼女の純真無垢な様子に戸惑い、複雑な気持ちのままかわいらしい姫を抱いてしまう。だが王宮内で不審な事件が続き、エレアーヌのスパイ容疑がかけられ……!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「あなたは両国の幸せの架け橋となる人だ。僕が必ずお守りする」生まれた時から、かつて敵国だった隣国に嫁ぐよう定められたエレアーヌ姫は、幼い頃に一度会った婚約者ユリウスの言葉を信じ、想いを寄せていた。婚儀の日、再会したユリウスは凛々しく、彼女は一瞬で心奪われる。だが彼は冷たい視線を向けただけ。健気にユリウスを思い、彼の真意がわからぬまま抱かれてしまうエレアーヌだったが…!?

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー
  • 明るい題名表紙とのギャップ
    Kurone_ko
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2017年02月04日

    ヒロインの母親はイイコト言っているけど正しくないと思う。真実を知らないままでいることがどんなに負い目になるか。正しい歴史を伝えた上で愛情をもって共に生きてと願う方がずっと折れない。王女が自国のことを知らない=娘に恥をかかせてしまうことと考えなかったのかな?本当のことを知ったら愛情を持てないと考えること自体が偏見をもってる。嘘偽りのない歴史を踏まえた上でこれからの未来を互いに模索していこうと歩み寄るのが一番難しくて大切なこと。ヒーローは調子いいヤツ。側近(幼馴染み)の女性にだらしない設定はいらない気がする。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

680円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ライトノベル

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ