ソシュールとサピアの言語思想[三輪伸春]
  • Googleプレビュー

ソシュールとサピアの言語思想 現代言語学を理解するために (開拓社言語・文化選書)
三輪伸春

2,052円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2014年06月20日頃
  • 著者/編集:   三輪伸春
  • 出版社:   開拓社
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  207p
  • ISBNコード:  9784758925457

商品説明

第I部では、現代言語学の原点であるソシュールの言語学のわかりやすい紹介と、『一般言語学講義』とエングラーの校訂本を精確に読むことでソシュール論の核心をなすラングの本質を明らかにする。第II部では、やさしくみえても特異な文体のために時として不可解なサピアの『言語』を論理的に読み解き、印欧比較言語学の方法論を批判的に展開するサピアの言語史論の全体像を明らかにする。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
第1部では、現代言語学の原点であるソシュールの言語学のわかりやすい紹介と、『一般言語学講義』とエングラーの校訂本を精確に読むことでソシュール論の核心をなすラングの本質を明らかにする。第2部では、やさしくみえても特異な文体のために時として不可解なサピアの『言語』を論理的に読み解き、印欧比較言語学の方法論を批判的に展開するサピアの言語史論の全体像を明らかにする。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序論 言語学小史(ソシュール、サピアへの道)/第1部 ソシュールの言語学原理(ソシュールの言語学入門/「ラング(langue)」をめぐってー林哲郎と長嶋善郎/ソシュールの「ラング(langue)」の定義/言語活動における「ラング」の位置)/第2部 サピアの言語史原理(サピアの『言語』(第7章、第8章)-「駆流(drift)」を中心に/サピアの『言語』(第9章)-「言語接触論」の展開)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
三輪伸春(ミワノブハル)
1946年、岐阜県瑞浪市に生まれる。鹿児島大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,052円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      多動力
      電子書籍多動力

      堀江貴文

      1,436円(税込)

    2. 2
      生涯投資家
      電子書籍生涯投資家

      村上世彰

      1,400円(税込)

    3. 3
      女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと 【電子特典付き】
      電子書籍女の子が生きていくときに、覚えていてほ…

      西原 理恵子

      1,188円(税込)

    4. 4
      ちいさなことにイライラしなくなる本 イヤな気分を引きずらない技術
      電子書籍ちいさなことにイライラしなくなる本 イ…

      大嶋信頼

      1,101円(税込)

    5. 5
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造
      電子書籍知ってはいけない 隠された日本支配の構造

      矢部宏治

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ