社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず意志は継続するという話[小林佳徳]
  • Googleプレビュー

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話
小林佳徳

1,296円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2014年09月
  • 著者/編集:   小林佳徳
  • 出版社:   宝島社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  254p
  • ISBNコード:  9784800226679

商品説明

「俺みたいな社長がいた会社ってあるんだな。。。って思ってパラパラめくってみたら、俺の話やんけ〜笑。」面白かったので書評かきましたーー堀江貴文

2006年1月16日 六本木ヒルズで社員が目の当たりにした驚くべき光景とは……。
この本は、なぜライブドアショックが起きたのか、なぜライブドアは勢いを失い、買収されてしまったのか。その答えを導く本でもあるのだ。
(はじめにより一部抜粋)

あのライブドア事件から約9年。現LINE株式会社に吸収された今も、元ライブドア社員の多くは「ホリエモンの意志」を継承し、IT業界の各方面で活躍をしている。
元社員らを動かす「ライブドアのDNA」とはいったいどんなものなのか?
一社員だからこそ書けた事件当時のリアルな心情、事件後の奮闘記、そこから見える「働く」ということーー。
『学年ビリのギャルが〜』で一躍有名になった「STORYS.JP」の殿堂入りストーリーを、大幅な加筆・修正により【完全版】として書籍化しました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ライブドア元社員が綴る事件の裏側とリアル奮闘記そしてLINE「1兆円上場」へ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ライブドアショックから学んだこと/第2章 ホリエモンから学んだこと/第3章 1度目のライブドアで学んだこと/第4章 2度目のライブドアで学んだこと/第5章 ライブドアを辞めて学んだこと/第6章 ライブドアで働いて学んだこと

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小林佳徳(コバヤシヨシノリ)
1973年5月16日、山梨県甲府市生まれ。1998年に新潟大学大学院修了後、大日本印刷、ベネッセコーポレーション、ライブドアなど、大企業とベンチャーの6社を経験。一貫してインターネットビジネスの制作業務に従事した。また、ライブドア事件後には、管理部門にて会社の立て直しに参画し、人事制度の設計・導入や、コーポレート・採用全般などを経験。現在は、再びベネッセコーポレーションにてデジタル教材の開発にあたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,296円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:パソコン・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ