希望の牧場[森絵都]
  • Googleプレビュー

希望の牧場 (いのちのえほん)
森絵都

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2014年09月10日頃
  • 著者/編集:   森絵都吉田尚令
  • 出版社:   岩崎書店
  • 発行形態:  絵本
  • ページ数:  1冊(ペ
  • ISBNコード:  9784265006335

商品説明

この絵本は、福島原発の警戒区域内に取り残された「希望の牧場・ふくしま」のことをもとにつくられた絵本です。

「希望の牧場・ふくしま」では、餌不足の問題が深刻化していくなか、今も牛たちを生かすための取り組みが続いています。

東日本大震災のあと発生した原発事故によって「立ち入り禁止区域」になった牧場にとどまり、そこに取り残された牛たちを、何が何でも守りつづけようと決めた、牛飼いのすがたを描きます。

売れない牛を生かしつづける。意味がないかな。バカみたいかな。いっぱい考えたよ。
「オレ、牛飼いだからさ」


「なあ、『牛飼い』って、しってるか? 牧場で、牛のせわして、くらしてる。それが牛飼いだよ。かんたんだろ?でもあのでっかい地震のあとは、かんたんじゃなくなった。うちの牧場は、原子力発電所の近くにあったからだ。」大地震の約一時間後、原発施設を津波がおそい、事故がおこりました。町にはだれもいなくなりました。事故によって放射能がひろがったからです。花、ホトトギスの鳴き声、紅葉、雪模様、星空。うつくしい土地はかわらないのに、目に見えない放射能があるというだけで、意味がかわってしまいました。「もうここに住まないでください」「牛たちの殺処分に同意してください」国の役人がなんどもいいにきます。330頭の肉牛。放射能をあびて食えない、売れない牛たち。それでものどがかわき、おなかがすく牛たち。「だれもいなくなった町の牧場に、オレはのこった。そりゃ放射能はこわいけど、しょうがない。だってオレ、牛飼いだからな。」直木賞作家の森絵都さんが文章を書き、『パパのしごとはわるものです』などでいま注目のイラストレーターの一人、吉田尚令さんが絵を描いた絵本です。福島第一原子力発電所からたった14キロ地点。警戒区域内にとりのこされた「希望の牧場・ふくしま」を森絵都さんと吉田尚令さんは訪れ、この絵本をつくりました。「希望」ってなんだろう? そして「放射能」っていったいなに? 生き物が「生きる」ってなに?いろんなことを考えるきっかけになると思います。みじかい文章で場面は構成され、「牛飼い」の語りが一場面、一場面、まっすぐ読み手にとどいてきます。言葉の意味がすべてはわからなくても、吉田尚令さんの絵と森絵都さんの文から伝わるなにかが、きっと子どもたちの糧となるでしょう。これからの時代、なおさらに。いまもエサ不足が深刻な牧場。絵本売上げの一部が活動資金として寄付されるそうです。牛も人もほかの動物もみな、いま生きている。意味があっても、なくても。それを受け止めたいですね。
(絵本ナビライター 大和田佳世)


 太くて真っ直ぐなものが貫いている絵本だと思いました。その太くて真っ直ぐなものとは何だろう?

 納得できないことには屈しない牛飼いさんの意思。「牛飼いは牛にエサをやるのが仕事、俺は牛飼い」という、ただただそれだけの思い。この現実を多くの人に伝えたいという森絵都さんと、吉田尚令さんの思い・・・。

 「希望の牧場」の「希望」とは何だろう?

 「変だ」と思うことに屈しない牛飼いさんの姿勢。「生」を全うすることが大事という考えを貫く生き方。そして、牛飼いさんを支える人々の存在。そういう人々の思いが結実して、元気に動きまわる牛たちの存在。

 書いていて気づきました。この絵本を貫いているのは「希望」だと。

 絵も文も、素晴らしいです。最後の2ページ、するべきことを淡々としている人たちの姿が心に沁みてきました。

*朝日新聞「プロメテウスの罠」の2015年6月4日から7月8日は、「希望の牧場」のことがテーマでした。6月28日から30日は、森絵都さんと吉田尚令さんによるこの絵本作りの経緯が書かれています。(なみ@えほんさん 50代・大阪府 )


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
東日本大震災のあと発生した原発事故によって「立ち入り禁止区域」になった牧場があります。だれもいなくなった町の牧場にとどまり、そこに取り残された牛たちを、何が何でも守りつづけようと決めた、牛飼いのすがたを描き出す絵本。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
森絵都(モリエト)
1968年、東京都生まれ。講談社児童文学新人賞を受賞した『リズム』でデビュー、同作品で、椋鳩十児童文学賞を受賞。その後『宇宙のみなしご』で野間文芸新人賞・産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、『アーモンド入りのチョコレートワルツ』で路傍の石文学賞、『つきのふね』で野間児童文芸賞、『カラフル』で産経児童出版文化賞、「DIVE!!」(全4巻)で小学館児童出版文化賞、『風に舞いあがるビニールシート』で直木賞を受賞

吉田尚令(ヨシダヒサノリ)
1971年、大阪府生まれ。イラストレーター。書籍の装画や絵本などを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年09月24日

    メッセージ性が強く、考えさせられる作品です。
    政治的な内容も抜いてあり、子供にも読ませても良いと思いました。
    人間とは何か、動物とは何か、生命とは何か…色々と考えさせられました。
    地球は人間だけのものではないのです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

お急ぎの方へ!まだ間に合います

翌日便

今からのご注文+350
 にお届けできます

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      ゆっくりかめくん
      電子書籍ゆっくりかめくん

      しばたあぎさ

      100円(税込)

    2. 2
      マンガでたのしくわかる! 水泳
      電子書籍マンガでたのしくわかる! 水泳

      西東社編集部

      1,166円(税込)

    3. 3
      放課後の時間割
      電子書籍放課後の時間割

      岡田淳

      1,080円(税込)

    4. 4
      学校では教えてくれない大切なこと1整理整頓
      電子書籍学校では教えてくれない大切なこと1整理…

      842円(税込)

    5. 5
      ジュニア空想科学読本4
      電子書籍ジュニア空想科学読本4

      柳田 理科雄

      713円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ