世界から猫が消えたなら (小学館文庫)
川村元気

669円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2014年09月18日頃
  • 著者/編集:   川村元気
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  229p
  • ISBNコード:  9784094060867

商品説明

ついに映画化決定!

郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、奇妙な取引を持ちかけてくる。
「この世界からひとつ何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得ることができる」
僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計……そして、猫。
僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。
二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化、映画化!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、「この世界から何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得る」という奇妙な取引を持ちかけてきた。僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計…僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
川村元気(カワムラゲンキ)
1979年生まれ。東宝にて映画を製作。2011年に優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。『世界から猫が消えたなら』が初の著作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 予想以上に深く、軽かった。
    にんじんのはっぱ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年11月27日

    郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、奇妙な取引を持ちかけてくる。「この世界からひとつ何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得ることができる」僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計……そして、猫。僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化、映画化!
    ーーーーーーーーーーーー
    装丁を見て、タイトルを見て「あ、なんか気になる」と思いました。
    そしてあらすじを読んだら即購入。だって面白そうなんだもん。
    病気の死とかをテーマにした物語は正直苦手なワタシ。即買ったくせに、実はおっかなびっくりで読み始めました。
    だけど病気の話はそこそこに、予想の斜め上を行く陽気さの悪魔が登場。なんだか肩の力が抜けて一気に読み進められました。
    死の話というより、人間も含めてすべてのものの存在意義を考えるという感じの内容。深く考え始めるとかなり難しく、“哲学書”と評する人もいることに納得。そんな簡単に答えが出ないような内容なんだけど、不思議とサラサラ読めるんです。人間のあったかさも十二分に伝わってきて、ものすごく大きな意味で「生きること」について考えさせられます。
    ああ、やっぱりうまく説明できません(^^;気になった方はぜひ読んでみてください!

    18人が参考になったと回答

  • (無題)
    かっちゃん Y
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年10月20日

    ★郵便配達員として働く三十歳の僕。
    ●ちょっと映画オタク。
    ●猫とふたり暮らし。
    ●そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。
    ●望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。
    ●その男は自分が悪魔だと言い、「この世界から何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得る」という奇妙な取引を持ちかけてきた。
    ●僕は生きるために、消すことを決めた。
    【お勧め度】★★★★★
    ★何を消していくかは、読んでみてね。
    ★作者は、『電車男』『告白』『悪人』のプロデューサーで、面白い映画を作っているので、どんなものかなと思い、購入しました。
    ★読んでみての感想は、『人それぞれ、感じ方があるので、今の自分の人生を考えさせられる本です。また、その人のとらえ方が、多種多様なので、世界にも通用する本でしょうね。哲学的な物の見方、人生観が変わるかもね。。』
    ★本を読んでいて、久々に、自分の人生とは。考えさせられる本でしたよ。

    8人が参考になったと回答

  • 新幹線のお供に
    step64
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2016年03月23日

    新幹線の中で読む本として購入しました。
    なるほどなぁ〜
    考えられる作品でした。

    5人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

669円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      アキラとあきら
      アキラとあきら

      池井戸潤

      1,080円(税込)

    2. 2
      教団X
      教団X

      中村 文則

      864円(税込)

    3. 3
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    4. 4
      虚ろな十字架
      虚ろな十字架

      東野圭吾

      691円(税込)

    5. 5
      百歳まで歩く
      百歳まで歩く

      田中尚喜

      493円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ