【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
看取りの作法[大津秀一]
  • Googleプレビュー

大切な人を看取る作法
大津秀一

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2014年10月
  • 著者/編集:   大津秀一
  • 出版社:   大和書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  245p
  • ISBNコード:  9784479794547

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1000人を看取った医師が最新の知見から語る、「穏やかな逝き方・悔いのない看取り方」。看取る側、看取られる側の両方が、「安心」するために知っておきたいこと。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 お看取りの心構え(終末期の「病院信仰」を捨てる/いつからが「終末期」なのか? ほか)/第2章 「からだの苦しみ」の処方箋(「苦しさのサイン」を知る/臨死期と聴覚 ほか)/第3章 「こころの苦しみ」の処方箋(「患者の心理」「見守る側の心理」を理解する/「息を引き取るとき」の声のかけ方 ほか)/終章 なぜ死ぬことが「悪い」のか?-安らかな「看取り」のために(「死」についての常識/「看取りの後」について考える)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大津秀一(オオツシュウイチ)
茨城県出身。岐阜大学医学部卒業。日本緩和医療学会緩和医療専門医、がん治療認定医、老年病専門医、日本消化器病学会専門医、日本内科学会認定内科医、2006年度(現)笹川記念保健協力財団ホスピス緩和ケアドクター養成コース修了。内科専門研修後、日本最年少のホスピス医(当時)として勤務したのち、在宅療養支援診療所勤務を経て、現在東邦大学医療センター大森病院緩和ケアセンター長。多数の患者の診療に携わる一方、著述、講演活動を通じて緩和医療や死生観の問題等について広く一般に問いかけを続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年12月29日

    新聞に搭載されていて気になり購入。
    医療に従事している私としても、みんなさんに読んで頂きたい一冊。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング(2017年09月23日)

     :第7713位(↑) > 科学・技術:第963位(↑) > 医学・薬学:第437位(↑) > 家庭の医学:第169位(↑)

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

1,620円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ