左翼はなぜ衰退したのか[及川智洋]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

左翼はなぜ衰退したのか (祥伝社新書)
及川智洋

864円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2014年10月02日頃
  • 著者/編集:   及川智洋
  • 出版社:   祥伝社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  226p
  • ISBNコード:  9784396113865

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本は右翼化している。他国からもそう見られている。ネット上や各種媒体では左翼攻撃が激しく行なわれ、国勢選挙の結果を見れば、左翼陣営が縮小していることは明白だ。今世紀に入って国会で新たな議席を得た政党はみな右寄りの党で、今や「保守」が国民の標準スタンスの観がある。日本において、急激に左翼が退潮したのはなぜか。どんな変化によって、それは起こったのだろうか。露命をつなぐ左翼には、もう未来はないのだろうか。左翼の衰退を経済との関係性の中で分析していく、もう一つの日本近現代史!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 消えてゆく左翼の重要/第2章 尊王攘夷と右翼の出発/第3章 テロリストと啓蒙思想/第4章 中国・韓国の恨み/第5章 輸入された左翼/第6章 右翼の勝利と日本の破綻/第7章 敗戦の先送りと軍・右翼への反発/第8章 左翼優位の戦後日本/第9章 増税を拒否する左翼/第10章 21世紀は右翼の時代か

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
及川智洋(オイカワトモヒロ)
1966年、岩手県生まれ。1990年、東北大学法学部卒業、朝日新聞社に勤務。旭川支局、社会部、be編集部などで記者を務める。日本の近現代史、政治史に関心があり、現在、放送大学大学院で、第二次大戦後の日本に社会民主主義が根づかなかった理由について、民社党を題材に論文作成を進めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

864円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    2. 2
      戦争と平和
      戦争と平和

      百田 尚樹

      820円(税込)

    3. 3
      旭日、遥かなり(6)
      旭日、遥かなり(6)

      横山信義

      972円(税込)

    4. 4
      コミンテルンの謀略と日本の敗戦
      コミンテルンの謀略と日本の敗戦

      江崎道朗

      1,058円(税込)

    5. 5
      「代謝」がわかれば身体がわかる
      「代謝」がわかれば身体がわかる

      大平万里

      993円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ