審問(上)
  • Googleプレビュー

審問(上) (講談社文庫)
パトリシア・コーンウェル

679円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
悪夢のような「狼男」の家宅侵入事件から二十四時間。危うく命を落としかけたスカーペッタは、友人の精神科医の家に身を隠す。が、追い討ちをかけるように彼女に殺人疑惑がふりかかる。血まみれの死体で発見された副署長ブレイ殺害に関わりがある、というのだ。前作『警告』の直後から始まる検屍官シリーズ第11弾。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
コーンウェル,パトリシア(Cornwell,Patricia Daniels)
マイアミ生まれ。警察記者、検屍局のコンピューター・アナリストを経て、1990年『検屍官』で小説デビュー。MWA・CWA最優秀処女長編賞を受賞して、一躍人気作家に。バージニア州検屍局長ケイ・スカーペッタが主人公の検屍官シリーズはDNA鑑定、コンピューター犯罪など時代の最先端の素材を扱い読者を魅了、1990年代ミステリー界最大のベストセラー作品となった。『審問』(原題:THE LAST PRECINCT)は、シリーズ第11作目(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2011年03月17日

    ちょっとハラハラする上巻です。主人公を応援したい。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    こっころ5407
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2009年07月16日

    今まで彼女の作品はほとんど読んでいて、次に出たら購入しようと思っていました。まだ読んでいないのですが、楽しみです。

    0人が参考になったと回答

  • mib49
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2009年05月15日

    「警告」と「黒蝿」を先に読んだので、どうしてもその中間にあたる「審問」を読まないとストーリーを完全網羅出来ないので買いました。この三作は連作といっても過言ではないので、この内の1作だけ読んでもちんぷんかんぷん状態になります。ご注意を。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

679円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】プラージュ
      【予約】プラージュ

      誉田哲也

      745円(税込)

    2. 2
      アキラとあきら
      アキラとあきら

      池井戸潤

      1,080円(税込)

    3. 3
      政と源
      政と源

      三浦 しをん

      637円(税込)

    4. 4
      教団X
      教団X

      中村 文則

      864円(税込)

    5. 5
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ