中野光教育研究著作選集(第3巻)
  • Googleプレビュー

中野光教育研究著作選集(第3巻) 戦間期教育への史的接近
中野光

3,024円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
教育史における光と陰。二十世紀教育からの教訓。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 序章(戦間期日本の教育への視角)/2 大正デモクラシーから昭和ファッシズムの教育へ(帝国教育会の歩み-『帝国教育』を読む/芸術家たちの自由教育-『芸術自由教育』を創った人々/野村芳兵衛が歩んだ教育の道)/3 教育遺産・その光と陰(戦間期日本の「子どもの権利」論/抵抗と創造の教育運動-『生活学校』を読む/教育審議会・国民学校における合科・綜合教授)/4 私の最終講義と国際シンポジウムでの報告(立教大学退職記念講義(1991年1月16日)-1930年代のキリスト教主義学校で起こったこと/中央大学最終講義(2000年1月29日)-中央大学における学徒出陣と朝鮮・台湾出身学生/国際教育シンポジウム・プレセミナーでの講話(2000年3月28日)-「物語としての教育史」研究-戦後日本の教育学におけるひとつの軌跡)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中野光(ナカノアキラ)
1929年、愛知県に生まれる。1950〜53年、東京文理科大学(教育学科)で主として教育史を学ぶ。1954〜59年、桐朋学園教員(54年度は中・高校、55〜59年は初等部)。1959〜2000年、金沢大学、和光大学、立教大学、中央大学等で主として教育学を講じ、研究生活をおくる。この間、日本生活教育連盟、日本教育学会等の会員となる。1994年10月から1999年10月まで日本教師教育学会会長、第16期日本学術会議会員などもつとめた。現在、中国の二つの大学(西南師範大学、河北大学)の客座教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

3,024円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ