「宅間守精神鑑定書」を読む[飢餓陣営]
  • Googleプレビュー

『宅間守精神鑑定書』を読む/生きづらさを支援する本 特集1 (飢餓陣営せれくしょん)
飢餓陣営編集部

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2014年12月25日頃
  • 著者/編集:   飢餓陣営編集部佐藤幹夫
  • 出版社:   言視舎
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  220p
  • ISBNコード:  9784865650075

商品説明

言視舎×飢餓陣営コラボレーション。好評につき、早くもVol.2!
大阪教育大学付属池田小学校事件・加害者の精神鑑定書について、鑑定人をまじえ可能な限り多様なアプローチを試みる。「理解し難さ」の根源に、医療と司法のせめぎ合い、現代社会における「人格障害」の位置づけ等、多くの課題を見出す。

【特集1】『宅間守 精神鑑定書』を読むー臨床と鑑定をどうつなぐか
1 1.岡江晃「刑事責任能力と精神鑑定」(遺稿) 
2.【討議】精神鑑定と臨床診断〜岡江晃氏を囲んで 滝川一廣/小林隆児/竹島正/清水邦光/香月真理子/阿久津斎木/水田恵/愛甲修子/佐藤幹夫 /小林隆児 
3.浜田寿美男と読む  4.高岡健 5.林幸司 
3 医療と司法のはざまで 
【特集2】生きづらさを支援する本
1. 内海新祐?自閉症論?を読む 
2. 山竹伸二?臨床と哲学?の本 
3. 栗田篤志?心の本質?を思索する本 
4. 佐藤幹夫?様ざまな支援?の本

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大阪教育大学附属池田小学校事件・加害者の精神鑑定書について、鑑定人をまじえ可能な限り多様なアプローチを試みる。「理解し難さ」の根源に、医療と司法のせめぎ合い、現代社会における「人格障害」の位置づけ等、多くの課題を見出す。

【目次】(「BOOK」データベースより)
特集1 『宅間守精神鑑定書』を読むー臨床と鑑定をどうつなぐか(岡江晃著『宅間守精神鑑定書』を読む/岡江晃氏を悼む/医療と司法のはざまで)/特集2 生きづらさを支援する本(内海新祐“自閉症論”を読む/山竹伸二“臨床と哲学”の本/栗田篤志“こころの本質”を思索する本/佐藤幹夫“様ざまな支援”の本)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
佐藤幹夫(サトウミキオ)
1953年秋田県生れ。フリージャーナリスト、批評家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,944円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ