【8月21日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
犯罪者になる子、ならない子
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 社会 > 犯罪

犯罪者になる子、ならない子 手遅れになる前に親ができること
スタントン・E.セイムナウ

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
愛情あふれる家庭で育っても、おそまつな親に育てられても、犯罪者になる子はなる-多種多様な少年犯罪者たちとの、数え切れないほどの臨床経験をもつ著者が、親や先生、社会が陥りがちな誤りを鋭く指摘する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 子どもを理解するのに早すぎも遅すぎもない(子どもの人生は子ども自身が決めている/罪を犯す子はどう考え、行動するか)/第2部 犯罪者になる子、その八つの特徴(自分の思いどおりにならないと気がすまない/「こんなことをしてもいいのか」をシャットアウトできる/他人を傷つけることをなんとも思わない/現実感のない期待とうぬぼれ/努力、辛抱、忍耐とはいっさい無縁 ほか)/第3部 親が陥りがちな誤りから抜け出すために(「うちの子にかぎって」はありえない/一貫性のある毅然とした態度をとり続ける/子どもに行動をかならず説明させる/親をあおる子どもの戦術にのってはいけない/子どもを被害者扱いしない ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
セイムナウ,スタントン・E.(Samenow,Stanton E.)
1941年、アメリカの首都ワシントンに生まれる。エール大学卒業。臨床心理学博士。バージニア州アレクサンドリアで開業。犯罪行動コンサルタントとして、講演活動もおこなっている。レーガン大統領の「犯罪被害者に関する大統領特別委員会」のメンバー。精神障害犯罪者が集まる、ワシントンのセント・エリザベス病院で8年間の臨床心理学の専門家としての経験ももつ

石山鈴子(イシヤマスズコ)
翻訳家。1948年、東京都生まれ。日本女子大学文学部国文科卒業。訳書に『左利きは危険がいっぱい』(文芸春秋)、『騙しも盗みも悪くないと思っている人たち』(講談社)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,944円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ