【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
江戸時代学芸史論考
  • Googleプレビュー

江戸時代学芸史論考
白石良夫

9,180円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2000年12月
  • 著者/編集:   白石良夫
  • 出版社:   三弥井書店
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  338,
  • ISBNコード:  9784838230822

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書の「近世の古典」篇では、近世期の古典注釈を、絶対化された古典の読解の道具として見るのではなく、実作とのかかわりにおいて読む。つまり、注釈を読むことを試みた。「考証の季節」篇では、考証随筆『広益俗説弁』の著者井沢蟠龍とその周辺をめぐる諸問題を論じた。「国学者の誕生」篇では、寛政五、六年前後の長瀬真幸を追跡する。この時期は、真幸の国学者としての形成期である。宣長入門以前すなわち国学者以前の真幸の学問について考察することにより、国学という学問が内包している特質を、とくに史的観点からうかがおうと試みた。さらに、宣長入門前後の伝記的事実を明らかにすることによって、一国学者の成長を跡付け、それをとりまく当時の学界の一側面に言及した。そして、最後の「地方学芸史への視座」篇には、江戸時代の地方文化の問題点を指摘した論稿、および中央と地方の文化交流にふれたものを配した。

【目次】(「BOOK」データベースより)
近世の古典(学者の古典 歌人の古典/近世古代語と契沖著作/「ひむがし」考)/考証の季節(井沢蟠龍著述覚書/考証の季節/古代研究の余滴)/国学者の誕生(鈴屋入門以前の長瀬真幸/『本居問答』の成立/覚書長瀬真幸伝 ほか)/地方学芸史への視座(水足屏山・博泉と肥後学芸史/幕末歌人三題/中島広足と本居内遠 ほか)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

9,180円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      禅僧が教える心がラクになる生き方
      禅僧が教える心がラクになる生き方

      南直哉

      1,188円(税込)

    2. 2
      佐藤初女さんの心をかける子育て
      佐藤初女さんの心をかける子育て

      佐藤初女

      1,007円(税込)

    3. 3
      アナログ
      アナログ

      ビート たけし

      1,296円(税込)

    4. 4
      やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12
      やはり俺の青春ラブコメはまちがっている…

      渡 航

      680円(税込)

    5. 5
      マスカレード・ナイト
      マスカレード・ナイト

      東野 圭吾

      1,782円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ