【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか[稲垣栄洋]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 植物学

徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか 家康のあっぱれな植物知識
稲垣栄洋

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか 1,210円
紙書籍版 徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか 1,512円

商品基本情報

  • 発売日:  2015年04月
  • 著者/編集:   稲垣栄洋
  • 出版社:   東洋経済新報社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  231p
  • ISBNコード:  9784492061947

商品説明

「メンデルの法則」は江戸時代に武士が発見した!江戸はヨーロッパ人が驚く庭園都市だった!気鋭の植物学者による驚きの歴史論。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本人の植物常識はすごい!戦国の世から江戸時代における植物と武士の知られざる関係を描く、これまでにない驚きの日本史!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 徳川家康はなぜ江戸を都に選んだのかー家康が築いた植物都市(家康が江戸を選んだ理由/湿地帯を開発すれば広大な農地が確保できる/江戸の地名と植物の深い関係 ほか)/第2章 完全リサイクルの循環型社会ができるまでー大名が投資したイネという植物(織田信長の兵農分離革命/田んぼが作った単位/武将は面積の単位も田んぼを基準にした ほか)/第3章 お城にはなぜ松が植えられているのかー植物を戦いに利用した戦国武将(松の木は軍事用の植物/黒田長政が非常食のワラビを隠した方法/加藤清正が築城した熊本城は食べられる城だった ほか)/第4章 三河武士の強さは味噌にありー地域の食を支える植物(徳川家康家臣団、強さの秘密/家康が愛した八丁味噌の由来/戦国日本を席巻した赤味噌武将たち ほか)/第5章 織田信長はトウモロコシが好きー戦国武将を魅了した南蛮渡来の植物(信長が好んだ赤こんにゃく/信長が愛した意外な花/玉蜀黍の漢字の意味 ほか)/第6章 門外不出だったワサビ栽培ー家康に愛され名物となった植物(家康と信玄の抗争から生まれた門松/薬草マニアだった家康/家康が駿府の鬼門封じに植えた果物 ほか)/第7章 花は桜木、人は武士ー武士が愛した植物、サクラの真実(日本人はなぜサクラに惹かれるのか/お花見の始まり/サクラよりもウメが愛されていた ほか)/第8章 ヨーロッパ人を驚かせた園芸大国ー植物を愛する園芸家となった武士たち(武士が築いた園芸国家/戦国武将が愛したチャ/茶器の高騰を利用した織田信長 あほか)/第9章 徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのかー武将が愛した植物の家紋(三つ葉葵のモチーフになった地味な植物/フタバアオイは不思議だ/葵の紋はもともと京都賀茂神社の神紋 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
稲垣栄洋(イナガキヒデヒロ)
1968年静岡市生まれ。岡山大学大学院修了。専門は雑草生態学。農学博士。自称、みちくさ研究家。農林水産省、静岡県農林技術研究所などを経て、静岡大学大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,512円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ