[楽天スーパーSALE] 半額セール&ポイント最大7倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
【12月3日20時00分~21時59分まで】  全品ポイント3倍以上! 
わすれないあの日
  • Googleプレビュー

わすれないあの日 (子ども平和図書館)
三代沢史子

1,728円(税込)1,600円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2001年02月01日
  • 著者/編集:   三代沢史子
  • 出版社:   日本図書センター
  • サイズ:  絵本
  • ページ数:  35p
  • ISBNコード:  9784820566175

商品説明



三代沢さんの記憶は3歳の時の大空襲の体験から始まっていると言います。
50年を経た歳になっても、鮮烈に残っていると言います。
自分の記憶を語りながら、その時の恐怖を描いているのですが、先ずは絵のインパクトに目を奪われました。
抽象画のようでありながら、その時の情景と恐怖が克明に描かれています。
これは、心に刻まれたトラウマがそれだけ大きいものであり、深く哀しいものだからだと思います。
3歳の時、三代沢さんは訪ねてきたいとこの明子姉ちゃんとともに大空襲の夜を迎えました。
逃げ込んだ防空壕も、焼夷弾で燃え始めます。
生まれたばかりの弟と母と明子姉ちゃんと自分。
4人で防空壕のそばの池の中で夜を明かします。
降ってくる火の粉と、足が池底につかない怖さに必死で明子姉ちゃんにしがみついていた自分。
火の粉を払いながら、片腕で抱きかかえてくれていた明子ねえちゃん。
それだから今の自分がいる。
息を引き取ったと思った赤ん坊の弟が、母親のおっぱいで息を吹き返した。
その光景と自分が生きていることのありがたさ。
三代沢さんは描かずにいられなかったのです。
作り話ではない重さ、人の創作ではない緊張感のある絵…。
この絵本には、にじみ出てくる命の叫びを感じました。(ヒラP21さん 50代・千葉県 男の子14歳)


【情報提供・絵本ナビ】

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
三代沢史子(ミヨサワチカコ)
1942年、東京に生まれる。1966年、国立音楽大学声楽科卒業。1980年から新芸術協会展に出品。都知事賞、会員として4賞受賞。1989年以来女流画家展、1991年以来独立展、神奈川独立展に出品。美術家連盟会員、平塚美術協会会員、ISME(音楽教育国際会議)会員。著書に『おととあそぼう』(上下巻)音楽の友社、『子どもの創作ピアノとともに』カワイ出版社などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,728円(税込)1,600円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ