源氏物語虚構の婚姻[青島麻子]
  • Googleプレビュー

源氏物語虚構の婚姻
青島麻子

12,420円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年03月
  • 著者/編集:   青島麻子
  • 出版社:   武蔵野書院
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  367p
  • ISBNコード:  9784838602827

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
平安朝の文学作品に関する「婚姻」の問題は、今までも様々な観点から解明しようとされてきたが、今なおその議論は紛糾している。本書では、「文学作品を婚姻研究の史料とすべきではない」という考えのもと、歴史的実態を押さえつつもそこから一端切り離し、『源氏物語』の表現や文脈に即して、物語における婚姻の描かれ方を探っていく。そしてそれを手がかりに、その独自性や虚構の方法を考察し、新たな婚姻研究の方法を模索した。

【目次】(「BOOK」データベースより)
平安朝の婚姻慣習ー「妻」を表す用語から/第1部 婚姻研究史からの展望(婚姻居住形態と出自制/一夫多妻の内実/紫の上の妻の座)/第2部 婚姻居住形態から見る物語の論理(平安朝物語の婚姻居住形態ー『源氏物語』の「据ゑ」をめぐって/「対」の女君ー多妻の視座と「対の上」をめぐって/『源氏物語』東西の対)/第3部 一夫多妻制から見る物語の論理(宿木巻の婚姻と「ただ人」-身分の捉え直しをめぐって/女二の宮「降嫁」-今上帝の「婿取り」をめぐって/蛍宮と真木柱の婚姻ー婿選びに際する発言をめぐって/「添臥」葵の上ー初妻重視の思考をめぐって)/第4部 婚姻用語・慣習から見る物語の論理(髭黒召人の前景化ー真木柱巻の方法をめぐって/平安時代の結婚忌月ー東屋巻の「九月」をめぐって/平安朝物語における近親婚ー『うつほ物語』『源氏物語』の方法をめぐって)/婚姻研究から見た平安朝文学史の再構築

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
青島麻子(アオシマアサコ)
1982年静岡県生まれ。2004年東京大学文学部卒業。2012年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。現在、日本学術振興会特別研究員、実践女子大学・成蹊大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

12,420円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造
      電子書籍知ってはいけない 隠された日本支配の構造

      矢部宏治

      864円(税込)

    2. 2
      多動力
      電子書籍多動力

      堀江貴文

      1,436円(税込)

    3. 3
      生涯投資家
      電子書籍生涯投資家

      村上世彰

      1,400円(税込)

    4. 4
      「司馬?太郎」で学ぶ日本史
      電子書籍「司馬?太郎」で学ぶ日本史

      磯田道史

      799円(税込)

    5. 5
      宝くじで1億円当たった人の末路
      電子書籍宝くじで1億円当たった人の末路

      鈴木 信行

      1,512円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ