「小事」が大事を生む[野村克也]
  • Googleプレビュー

「小事」が大事を生む
野村克也

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 「小事」が大事を生む 1,242円
紙書籍版 「小事」が大事を生む 1,512円

商品基本情報

  • 発売日:  2015年05月07日頃
  • 著者/編集:   野村克也
  • 出版社:   扶桑社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  197p
  • ISBNコード:  9784594072605

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「一流」ほど、小さなこと細かなことに気づく。「感じる力」こそ、すべての成功につながる。球界随一の知将が、「勝てる仕事の技術」を伝授!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 私の野球観ー「小事」が大事を生む/第2章 「小事」の源流/第3章 「大事」を導く三つのポイント/第4章 リーダーの成長が「組織の力」になる/第5章 セオリーを無視する成功とは/第6章 野球の原点は「頭」にあり

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
野村克也(ノムラカツヤ)
1935年、京都府生まれ。1954年、京都府立峰山高校を卒業し、テスト生として南海ホークスに入団。入団3年目からレギュラーに定着し、4年目にして本塁打王となる。1965年、戦後初の三冠王となる。MVP5度、首位打者1度、本塁打王9度、打点王7度、ベストナイン19度、ゴールデングラブ賞1度など、数々の偉業を成し遂げ、不動の正捕手として南海の黄金時代を築いた。1970年、南海ホークス選手兼任監督に就任。1973年、パ・リーグ優勝。1980年、45歳で現役引退する日まで、「生涯一捕手」を貫徹した。通算成績2901安打、通算本塁打657本、通算打点1988。打率・277。1989年、野球殿堂入り(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 何故だろうか
    天かい
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2015年05月22日

    一つの参考意見集というのもあり購入しました。
    本屋でやや立ち読みしましたが、野村さんの率直に感じたことを書いているなあという印象でした。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,512円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ