あぁ、ター君は生きていた
  • Googleプレビュー

あぁ、タ-君は生きていた 15年待ち続けた息子との“命の約束”
吉川隆三

1,404円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2001年03月
  • 著者/編集:   吉川隆三
  • 出版社:   河出書房新社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  198p
  • ISBNコード:  9784309251370

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
わずか5歳で脳死に陥った息子のために、親は何をしてやれるのか?!移植医療の一方の主人公でありながら、表舞台に出ることがなかったドナー家族の存在。愛するわが子を喪った親の思いを通して、脳死移植のあり方を考える感動の手記。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ ター君が生きていた!/第1章 わが子の夭逝と新たな“命”の始まり-忠孝との“命の約束”/第2章 臓器提供から苦悩の日々へ-息子の“命”は何処へ…/第3章 忠孝の想い出と本当の幸せと-ター君がくれた宝物/第4章 「ドナー家族の会」設立へ-支え合う“家族”/第5章 共に生きるドナーとレシピエント-人と人をつなぐ“命”/エピローグ 忠孝はいつも一緒にいる!/手記 ター君を愛する人々から寄せられた想い

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
吉川隆三(ヨシカワリュウゾウ)
1949年、愛知県瀬戸市生まれ。現在、タクシー運転手として、福祉タクシーに乗務。’84年、当時5歳だった長男の忠孝君が脳死状態に陥るという事態に直面し、忠孝君の腎臓提供を決意、ドナー家族となる。ドナー家族の心のケアとサポートを目的とする“ドナー家族の会”を設立、現在、同会代表。日本臓器移植ネットワークを通して、全国のドナー家族が交流する“ドナーファミリーの集い”の開催などにかかわりを持ち続けている。豊橋市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,404円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    2. 2
      鹿の王 3
      鹿の王 3

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    3. 3
      鹿の王 4
      鹿の王 4

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    4. 4
      嫌われる勇気
      嫌われる勇気

      岸見一郎

      1,620円(税込)

    5. 5
      【予約】ほぼ日手帳公式ガイドブック2018
      【予約】ほぼ日手帳公式ガイドブック2018

      ほぼ日刊イトイ新聞

      1,728円(税込)

    1. 1
      大白蓮華 2017年 8月号
      電子書籍大白蓮華 2017年 8月号

      大白蓮華編集部

      185円(税込)

    2. 2
      2157人ママのSEX事情
      電子書籍2157人ママのSEX事情

      108円(税込)

    3. 3
      多動力
      電子書籍多動力

      堀江貴文

      1,436円(税込)

    4. 4
      ボクたちはみんな大人になれなかった
      電子書籍ボクたちはみんな大人になれなかった

      燃え殻

      1,404円(税込)

    5. 5
      「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)
      電子書籍「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができな…

      汐街コナ

      1,296円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ