断片的なものの社会学[岸政彦]
  • Googleプレビュー

断片的なものの社会学
岸政彦

1,684円(税込)1,560円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2015年05月30日頃
  • 著者/編集:   岸政彦
  • 出版社:   朝日出版社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  241p
  • ISBNコード:  9784255008516

商品説明

【内容情報】(出版社より)
路上のギター弾き、夜の仕事、元ヤクザ……
人の語りを聞くということは、ある人生のなかに入っていくということ。
社会学者が実際に出会った「解釈できない出来事」をめぐるエッセイ。

◆「この本は何も教えてはくれない。
  ただ深く豊かに惑うだけだ。
  そしてずっと、黙ってそばにいてくれる。
  小石や犬のように。
  私はこの本を必要としている。」

一生に一度はこういう本を書いてみたいと感じるような書でした。
ランダムに何度でも読み返す本となりそうです。
ーー星野智幸さん

どんな人でもいろいろな「語り」をその内側に持っていて、
その平凡さや普通さ、その「何事もなさ」に触れるだけで、
胸をかきむしられるような気持ちになる。梅田の繁華街で
すれちがう厖大な数の人びとが、それぞれに「何事もない、普通の」
物語を生きている。
 * * *
小石も、ブログも、犬の死も、すぐに私の解釈や理解をすり抜けてしまう。
それらはただそこにある。[…]社会学者としては失格かもしれないが、
いつかそうした「分析できないもの」ばかりを集めた本を書きたいと思っていた。(本文より)
イントロダクション──分析されざるものたち

人生は、断片的なものが集まってできている
誰にも隠されていないが、誰の目にも触れない
土偶と植木鉢
物語の外から
路上のカーネギーホール
出ていくことと帰ること
笑いと自由                   
手のひらのスイッチ
他人の手
ユッカに流れる時間
夜行バスの電話
普通であることへの意志
祝祭とためらい
自分を差し出す
海の向こうから
時計を捨て、犬と約束する
物語の欠片

あとがき

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2017年01月09日 - 2017年01月15日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第-位( - ) > 社会:第407位(↓) > その他:第44位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

お急ぎの方へ!まだ間に合います

翌日便

今からのご注文+350
 にお届けできます

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,684円(税込)1,560円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

1,483円(税込)

紙書籍版 1,684円より
201円(11%)お得

電子書籍版商品について

電子書籍版商品について

楽天Koboの電子書籍とは?

・楽天Koboの電子書籍をご覧になるには楽天Kobo無料アプリもしくは対応端末が必要です。楽天Koboの概要についてはこちらをご覧ください。

対応端末

・商品によって閲覧できる端末は異なる場合があります。詳細は商品ページでご確認ください。

楽天Kobo会員登録について

・初めて楽天Kobo電子書籍ストア powered by 楽天ブックスにて電子書籍をご購入いただく際に、楽天Koboの利用規約画面が表示されます。
楽天Koboの利用規約に同意いただくと、電子書籍の購入及びサービスをご利用いただくことができます。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ