開かれる国家[東浩紀]
  • Googleプレビュー

開かれる国家 境界なき時代の法と政治 (角川インターネット講座)
東浩紀

2,700円(税込)送料無料

獲得ポイント:

商品基本情報

  • 発売日:  2015年06月24日頃
  • 著者/編集:   東浩紀伊藤穣一
  • 出版社:   KADOKAWA
  • サイズ:  全集・双書
  • ページ数:  275p
  • ISBNコード:  9784046538925

商品説明

【内容情報】(出版社より)
インターネットによるグローバル化によって、「国家」を超えたつながりをもてるようになった現代。境界のない世界において、国家はどうなるのか。国と国、個人と個人、国と個人の「境界」の問題について考えていく。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
情報技術革命のグローバルな進展により、国家、企業、家族などあらゆるレベルにおいて、従来の境界が無効になった現代。求められる国家像と新しい生き方とは。気鋭の論客たちが、境界なきこの世界における政治、経済、憲法のあり方を論じていく。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 なめらかな世界への夢(開かれた国家/なめらかな社会の政治システム/創発する民主主義)/第2部 溶解する境界(サイバー・スペースと民主主義/データ駆動型政治ー「人」から「データ」へ:情報化が切り開く「新たな理性」と感情的動員)/第3部 リバタリアニズムと国家(グローバル経済の隠された中心ータックスヘイブンをめぐる攻防/情報社会とハクティビズムー環境管理型権力を利用するハッカー/情報時代の憲法)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
東浩紀(アズマヒロキ)
思想家、ゲンロン代表。1971年生まれ。東京大学教養学部教養学科在学中の1993年から文筆活動を始め、「ソルジェニーツィン試論」を発表。東京大学客員助教授、早稲田大学教授、東京工業大学特任教授など歴難。2004年国際大学グローバル・コミュニケーション・センター東浩紀研究室にて「ised情報社会の倫理と設計についての学際的研究」を立ち上げ、情報社会に関する研究にも取り組む。著書『存在論的、郵便的』(新潮社)で1999年度サントリー学芸賞受賞、2010年小説『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社)で三島由紀夫賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

お急ぎの方へ!まだ間に合います

翌日便

今からのご注文+350
 にお届けできます

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,700円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:パソコン・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ