樹は語る[清和研二]
  • Googleプレビュー

樹は語る 芽生え・熊棚・空飛ぶ果実
清和研二

2,592円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年07月
  • 著者/編集:   清和研二
  • 出版社:   築地書館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  266p
  • ISBNコード:  9784806714965

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
老樹が語る、いのちを繋ぐ木々の気持ちー森をつくる樹木は、さまざまな樹種の木々に囲まれてどのように暮らし、次世代を育てているのか。発芽から芽生えの育ち、他の樹や病気との攻防、花を咲かせ花粉を運ばせ、種子を蒔く戦略まで、80点を超える緻密なイラストで紹介する。長年にわたって北海道、東北の森で研究を続けてきた著者が語る、落葉樹葉樹の生活史。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章/第1章 水辺に生きる(ハルニレー春楡/イヌコリヤナギー犬行李柳/オニグルミー鬼胡桃)/第2章 明るい撹乱跡地でひたむきに生きる(シラカンバー白樺/ケヤマハンノキー毛山榛の木)/第3章 老熟した森で生きる(イタヤカエデー板屋楓/ウワミズザクラー上溝桜/トチノキー栃の木/ミズキー水木/ミズナラー水楢)/第4章 森の中の隙間で育つ(ホオノキー朴の木/クリー栗)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
清和研二(セイワケンジ)
1954年山形県櫛引村(現鶴岡市黒川)生まれ。北海道大学農学部卒業。北海道林業試験場で広葉樹の芽生えたばかりの姿に感動して以来、樹の花の咲き方や種子散布の精妙な仕組みに驚きながら観察を続けている。近年は天然林の多種共存の不思議に魅せられ、戦後開拓の放棄田跡に天然林を模して木々を植えながら暮らしている。現在、東北大学大学院農学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,592円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ