【8月23日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
金融危機とバーゼル規制の経済学[宮内惇至]
  • Googleプレビュー

金融危機とバーゼル規制の経済学 リスク管理から見る金融システム
宮内惇至

5,184円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年09月30日頃
  • 著者/編集:   宮内惇至
  • 出版社:   勁草書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  394p
  • ISBNコード:  9784326504114

商品説明

【内容情報】(出版社より)
著者は日銀在勤中に日本の金融当局の代表として「バーゼル銀行監督委員会」と「BIS支払決済システム(CPSS)」の両法の委員を歴任し国際交渉を行ってきた。それらの実務経験を踏まえて、金融・決済システムの国際的な規制やリスク管理に関する、?議論の系譜、?現在の論争点、?実務と規制のギャップ、?規制の副作用、?リスク管理と規制・監督のあり方、などについて実務・理論の両面から議論する。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
バーゼル規制は金融危機を防げるのか。金融危機と金融・決済システム問題をミクロの視点から分析。元日銀局長による体験的プルーデンス政策論。国際基準の背後にある立案者たちの思考回路を解説。インセンティブ構造を踏まえた制度設計を示す。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 金融危機とレギュラトリー・アービトラージ/第2章 リスク管理と監督機能/第3章 レポ市場と流動性リスク/第4章 OTCデリバティブ市場の改革と清算機関(CCP)/第5章 プロシクリカリティと規制、会計ルール/第6章 マクロプルーデンス政策の見直し/第7章 金融システム改革のこれからー規制強化では問題を解決できない

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宮内惇至(ミヤウチアツシ)
1958年東京都生まれ。1981年東京大学教養学部卒業(国際関係論専攻)、同年日本銀行入行。カリフォルニア大学バークレー校留学、IMF(国際通貨基金)為替通商局出向、考査局リスクアセスメントグループ長(金融機関のリスク管理、不良債権問題などを担当)、信用機構局参事役(バーゼル銀行監督委員会などを担当)、金融機構局上席考査役、横浜支店長、決済機構局長などを経て、お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所客員教授(金融論、国際金融論、女性リーダー論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

5,184円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ