【5月27日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
我が名は秀秋[矢野隆]
  • Googleプレビュー

我が名は秀秋
矢野隆

1,836円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2015年10月01日頃
  • 著者/編集:   矢野隆
  • 出版社:   講談社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  325p
  • ISBNコード:  9784062197397

商品説明

【内容情報】(出版社より)
秀俊は13歳にして3人目の父親の本拠・備後国へ向かうべく京を発った。2人目の父親は天下人・豊臣秀吉だった。実の父親は秀吉の義兄にあたり、物心がつくころには養子に出された。こんどの父は小早川隆景。秀吉の信頼厚く、また毛利家内でも「両川」と呼ばれて本家を支える立場にある人物だ。対面を果たすと秀俊は隆景の眼鏡に適い、秀俊も隆景に好感を覚える。翌年、大きな事件が起こる。秀俊には義理の兄がいた。現関白の羽柴秀次。京にいるころは、実の兄のように慕っていた。その秀次に、謀反の疑いがかかったのだ。極秘で秀次に面会すると、義兄は自らの死を予言する。義兄と別れてから間もなくして、予言は的中する。秀俊の心に、秀吉の顔が敵として刻まれる。その年の暮れには、隆景の領国・筑前国ほかを相続し、秀俊は晴れて小早川家の総領となる。翌年、時代が大きく動きはじめる。和平交渉が続いていた朝鮮と決裂し、再出兵が決まる。年が明けるとその陣立てが発表され、なんと秀俊が日本の軍勢の総大将に任じられる。華々しい初陣。が、筑前で出陣の準備をしているさなかに、義父・隆景の訃報がもたらされる。初めて温めてきた親子の契りとの決別。思う存分泣いた秀俊は、一万の手勢に出立を命じる。秀秋と名を改めての初陣となった……。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
関ヶ原の戦いの裏切り者、小早川秀秋の真の姿がここ!神君・家康の正史に抗う、著者渾身の長編歴史最高傑作。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
矢野隆(ヤノタカシ)
1976年福岡県久留米市生まれ。2008年『蛇衆』にて第21回小説すばる新人賞を受賞。その後、ニューウェーブ時代小説と呼ばれる作品を手がける。また、ゲームのノベライズ作品も執筆し、若手時代小説作家として注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,836円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      いつか別れる。でもそれは今日ではない
      いつか別れる。でもそれは今日ではない

      F

      1,404円(税込)

    2. 2
      アキラとあきら
      アキラとあきら

      池井戸潤

      1,080円(税込)

    3. 3
      虚ろな十字架
      虚ろな十字架

      東野圭吾

      691円(税込)

    4. 4
      儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
      儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

      ケント・ギルバート

      907円(税込)

    5. 5
      業界地図の見方が変わる! 無名でもすごい超優良企業
      業界地図の見方が変わる! 無名でもすご…

      田宮 寛之

      907円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ