ビッグデータを開拓せよ(仮)[坂内正夫]
  • Googleプレビュー

ビッグデータを開拓せよ 解析が生む新しい価値 (角川インターネット講座)
坂内正夫

2,700円(税込)送料無料

獲得ポイント:

商品基本情報

  • 発売日:  2015年09月19日頃
  • 著者/編集:   坂内正夫伊藤穣一
  • 出版社:   KADOKAWA
  • サイズ:  全集・双書
  • ページ数:  268p
  • ISBNコード:  9784046538871

商品説明

【内容情報】(出版社より)
天文学的な量のデータが集まるインターネットビジネスでは、その活用が大きなビジネスチャンスを生む。ビッグデータをどのように解析し、新たな価値を創造していくのか。具体的事例を交えながら基礎を解説する。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
検索、ショッピング、SNSの利用履歴からGPSやセンサーネットワークで得られる情報まで、ネットに蓄積されていく“ビッグデータ”の解析は、どのような利益を生み出し、社会をどう変革するのか。データ利活用の最新状況・事例・論点を整理し、情報化時代の新たなパラダイムを描き出す!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 データが社会を駆動する(ビッグデータの挑戦ーデータ駆動社会で何が変わるのか/ビッグデータの実像/データ科学をビジネスに結びつける/ビッグデータで儲ける3つの原則/ソーシャルデータを活用する交通システム/データに語らせる科学ー数式なしでわかる人工知能とビッグデータの新しい関係/データの住まうところ)/第2部 技術と社会制度の均衡(パーソナルデータとビッグデータ/IDとプライバシーの問題)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
坂内正夫(サカウチマサオ)
国立研究開発法人情報通信研究機構理事長、東京大学名誉教授。1946年生まれ。1975年、東京大学大学院工学系研究科電子工学専門課程博士課程修了、工学博士。東京大学工学部電気工学科講師、東京大学生産技術研究所教授、東京大学生産技術研究所長、国立情報学研究所長などを経て現職。画像や映像のもつ意味をどのように捉えて処理するかを幅広く研究。画像認識・画像検索技術、地理情報の構造、映像からの交通事故検出システムの開発など、一貫してマルチメディア情報処理の先駆的研究に携わってきた。電子情報通信学会ならびに情報処理学会フェロー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

お急ぎの方へ!まだ間に合います

翌日便

今からのご注文+350
 にお届けできます

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,700円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ