学術書を書く[鈴木哲也]
  • Googleプレビュー

学術書を書く
鈴木哲也

1,836円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
“Publish and Perish”──ただ書いても評価されない時代に,読まれるものをどう書くか。学術コミュニケーションの変遷とその本質的問題まで立ち返って,読者の措定,編成と記述の在り方,読まれるための演出の方法など,原理的・実践的に論じた初めての手引き。生き残りをかけたすべての研究者・研究機関必読。<br><br>[推薦]<b>佐藤文隆氏</b>(元日本物理学会会長・京都大学名誉教授)<br>ネットの整備と高等教育の変革の中で,学術出版や研究機関の情報サービスも転 換が迫られている.オンライン化の無秩序な進行は同時に多様な editing,研究機関のリポジトリ,特化したテーマでのグローバルな結びつき,などの新たな可能性を生んでいる.本書はこの学術出版環境 の大きなうねりの考察と,これを新たな知の構築に結ぶ実践的な教習本である.大学出版会にながく関わった執筆者のユニークな視点は,黒子が表に出た感もある指南書だ.論文が読まれない,研究が理解されないと嘆く前に,本書を読んで欲しい.

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
伝わる論文、伝わる本を書く。学術コミュニケーションの変革期に、書く意味、書く技。最前線に携わる大学出版の編集者が実践的に解説します。

【目次】(「BOOK」データベースより)
Publish or PerishからPublish and Perishの時代へーなぜ、学術書の書き方を身につけるのか/第1部 考えるー電子化時代に学術書を書くということ(知識か「情報」かー電子化時代の「読者」と知のあり方/知の越境と身体化ー学術書の今日的役割と要件)/第2部 書いてみるー魅力的な学術書の執筆技法(企画と編成ー読者・テーマ・論述戦略/可読性を上げるための本文記述と見出しの留意点/多彩な要素で魅力的に演出する)/第3部 刊行するーサーキュレーションを高める工夫と制作の作法(タイトルと索引ー冒頭と末尾に示すメッセージ/入稿と校正の作法ー合理的な制作のために)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鈴木哲也(スズキテツヤ)
京都大学学術出版会専務理事・編集長。京都大学文学部および教育学部に学び、ライター・編集者として活動の後、1996年より京都大学学術出版会編集次長、2006年より現職。大学出版部協会理事

高瀬桃子(タカセモモコ)
桃夭舎代表。京都大学理学部卒業、同大学院理学研究科中退。出版社勤務を経て2000年に独立。書籍編集を中心に活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    yamayama山
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年11月24日

    「学術書」とあるが,単なるHow to本ではなく,意図を持った文章のどのように描いていくかということを,その重要性と技術について解説している。また,自ら書く場合だけでなく,学術書を読む際にも,著者の意図や考えを理解するのに役立つと思う。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,836円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ