[楽天スーパーSALE] 半額セール&ポイント最大7倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
ヴィジュアル・カルチャー入門
  • Googleプレビュー

ヴィジュアル・カルチャー入門 美術史を超えるための方法論
ジョン・A.ウォーカー

3,456円(税込)3,200円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は、イギリスやアメリカにおいて近年盛んに議論されるようになってきた「ヴィジュアル・カルチャー・スタディーズ」という新しい研究方向を概説的に紹介した入門書である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
「カルチャー」とは何か?/「ヴィジュアル」とはどういうことか?/「ヴィジュアル・カルチャー・スタディーズ」とは何か?/理論とどのようにつきあうか?/生産・流通・消費のモデル/さまざまな制度/視線、眼差し、監視/ヴィジュアル・リテラシーと視覚の詩学/さまざまな分析方法/ヴィジュアル・カルチャーの快楽/規範ー価値とは何か/ヴィジュアル・カルチャーと商業/ニュー・テクノロジー

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ウォーカー,ジョン・A.(Walker,John A.)(ウォーカー,ジョンA.)
ミドルセックス大学に勤務する美術デザイン史の助教授。専門領域は現代美術とマス・メディアとの関係、美術と社会との軋轢、イギリス美術のアメリカ化などである

チャップリン,サラ(Chaplin,Sarah)
ミドルセックス大学建築史の講師。大学院デジタル建築専攻の主任。専門領域は、二〇世紀末の建築/都市論、情報/ヴァーチャル・テクノロジー、日本の建築と文化、批判理論となっている

岸文和(キシフミカズ)
1950年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程(美学美術史学専攻)単位取得退学。現在、同志社大学文学部教授。芸術学、日本美術史。江戸の庶民にとって最も身近なメディアであった浮世絵を手がかりにして、「美術」のコミュニケーション機能について考える

井面信行(イノモノブユキ)
1950年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程(美学美術史専攻)単位取得退学。現在、近畿大学文芸学部教授。ドイツ語圏の芸術学。像・言語・現実を巡る研究

前川修(マエカワオサム)
1966年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程(美学美術史学専攻)単位取得退学。博士(文学)。現在、大阪学院短期大学助教授。美学、芸術学、写真論。現在の関心は、写真メディアのコンテクスト研究

青山勝(アオヤママサル)
1967年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程(美学美術史学専攻)単位取得退学。現在、甲南大学大学院学術フロンティア推進事業博士研究員。映像学、フランス映画史。映画、写真、現代美術を横断しつつ、「映像の精神分析」とジェンダー批評との接点を探る

佐藤守弘(サトウモリヒロ)
1966年生まれ。コロンビア大学大学院修士課程(東アジア研究)修了。現在。同志社大学大学院文学研究科博士後期課程(美学及び芸術学)在籍、視覚文化。江戸泥絵、浮世絵、初期写真など19世紀日本における景観表象を「旅をキーワード」にして読み解く。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

3,456円(税込)3,200円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ