楽天ブックス限定お買いものパンダしおりプレゼントキャンペーン
人口減少時代の住宅政策[川崎直宏]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 建築学

人口減少時代の住宅政策 戦後70年の論点から展望する
山口幹幸

2,484円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年11月04日頃
  • 著者/編集:   山口幹幸川崎直宏
  • 出版社:   鹿島出版会
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  262p
  • ISBNコード:  9784306046306

商品説明

【内容情報】(出版社より)
人口減少、少子高齢化、環境問題、災害対策ーー、未曽有の課題に直面する日本社会で住宅政策はいかに機能するか。社会の写し鏡としての住宅政策を戦後70年の軌跡から読み解き、成熟社会に向けた展望を開く。
第1部 住宅政策が変えたもの(戦後70年のエポック)
萌芽期(戦前〜1964)/高度経済成長期(1965〜1974)/政策模索期(1975〜1984)/バブル期(1985〜1994)/政策転換期(1995〜2004)/低成長期(2005〜)

第2部 人口減少時代の論点住宅政策と10の論点
日本の住宅政策について/人口減少・少子高齢化社会/住宅の公共投資(社会資本整備)/都市居住と郊外居住/環境・エネルギー・防災問題と住宅/建築技術・生産・住宅計画

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 戦後70年の住宅政策(萌芽期 戦前→1964/高度経済成長期 1965→1974/政策模索期 1975→1984/バブル期 1985→1994/政策転換期 1995→2004/現代 2005→2014)/第2部 人口減少時代の住宅政策(これからの住宅政策/人口減少・少子高齢化の論点/民間市場と公共の役割/都心と郊外の居住のあり方/環境・エネルギー、防災への対応/住宅計画と生産システム)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山口幹幸(ヤマグチミキユキ)
大成建設理事。1951年埼玉県生まれ。日本大学理工学部建築学科卒業。東京都入都後、1996年住宅局住環境整備課長。同局大規模総合建替計画室長、建設局再開発課長、同局区画整理課長、目黒区都市整備部参事、UR都市再生企画部担当部長、都市整備局建設推進担当部長、同局民間住宅施策推進担当部長を経て、2011年4月より現職。一級建築士、不動産鑑定士補

川崎直宏(カワサキナオヒロ)
市浦ハウジング&プランニング代表取締役副社長。1953年愛知県生まれ。京都大学大学院工学系研究科修士課程修了。1979年市浦都市開発建築コンサルタンツ(現・市浦ハウジング&プランニング)入社。2014年より現職。工学博士。住宅政策や自治体の住宅計画の策定や世田谷環境共生住宅の計画、種々の高齢者住宅計画、ストック活用計画、エリアマネジメント等の住宅・居住地計画に関する調査研究に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,484円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ