【12月9日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
人文学としての芸術研究
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

人文学としての芸術研究
清瀬みさを

1,944円(税込)1,800円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2001年05月20日
  • 著者/編集:   清瀬みさを
  • 出版社:   法律文化社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  128,
  • ISBNコード:  9784589025043

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「美」や「芸術」を理解しようとする初学者のために、それを論ずる場での具体的な方法論や歴史的観点の事例を紹介しつつ、トータルな人間の生の営みのなかに「芸術」を把握するてがかりの一端を開示した一書。さまざまな芸術分野のなかでも主として絵画・彫刻・建築などの「美術」、すなわち物理的な素材を用いて空間のなかに形を造る「美術(造形芸術)」を取り上げ、時空の座標軸の中心にはイタリア・ルネサンスを据えた。内容的には、西洋世界における「美術」と「美術家」という概念の成立や変遷過程を、美術作品、美術文献、文学作品、社会制度、学問としての美術史の成立過程などとの関係のなかに立体的に検証することを意図している。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 芸術作品を研究すること/第1章 芸術の研究史-美術史が成立するまで/第2章 美術という概念の誕生-諸学芸比較論争(パラゴーネ)をめぐって/第3章 形の背後にあるもの(作品研究の実践)-アルブレヒト・デューラー作“メレンコリア1”をめぐる図像解釈の試み/終章 「美」や「芸術」を語る言葉や観点の多義性、重層性について

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
清瀬みさを(キヨセミサオ)
同志社大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門分野、西洋美術史、芸術思想史。現在、同志社大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,944円(税込)1,800円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ