怪異の民俗学(7)
  • Googleプレビュー

怪異の民俗学(7) 異人・生贄
小松和彦

4,320円(税込)4,000円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2001年05月30日
  • 著者/編集:   小松和彦
  • 出版社:   河出書房新社
  • サイズ:  全集・双書
  • ページ数:  395p
  • ISBNコード:  9784309613970

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
民俗社会とその“外部”。人間の心の奥底に迫る「怪異」と「不思議」の世界。さまざまな分野にひらかれた新しい民俗学大系(全8巻)の全貌が明らかに。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 生贄の民俗学(人柱と松浦佐用媛/八岐の大蛇(抄)/献身のフォルク/イケニヘについて/人柱と築堤工法/人身御供譚への序章/イケニヘ譚の発生-縄文と弥生のはざまに/イケニヘ祭祀の起源-供犠論の日本的展開のために)/2 異人の民俗学(遍路や六部などの持ち金を盗んだ家筋の話/よそ者・来訪者の観念/異人殺しのフォークロア-その構造と変容/異人殺し伝承の創造-若者たちの語る怪談と「こんな晩」/「家」の盛衰-「異人殺し」のフォークロア)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

4,320円(税込)4,000円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ