日本人はなぜモノを捨て始めたのか[沼畑直樹]
  • Googleプレビュー

最小限主義。 「大きい」から「小さい」へ
沼畑直樹

1,296円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年11月
  • 著者/編集:   沼畑直樹
  • 出版社:   ベストセラーズ
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  271p
  • ISBNコード:  9784584136881

商品説明

「ぼくたちに、もうモノは必要ない」を生んだブログミニマル&イズムを起ち上げ、ミニマリズム論を展開している沼畑直樹による、「モノを捨てたあとの人生」を探る一冊。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
モノも、仕事も、人間関係も最小限でいいー部屋を片付け、モノを捨て、減らす。キレイになった部屋で考える。さて、次は何を減らそう?最小限主義=ミニマリズムで「ぜんぶ」減らしていくと、日々は静かで美しく、より日本人的に変わっていった…。日本人が幸せになれる、ミニマリズム幸福論!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 あらゆるものを、「ミニマリズム」で考えてみる。(部屋を片付け、モノを捨てて、ミニマリズムはやってくる。/作法は「ミニマリズム」から生まれる。“音”のミニマリズム/キッチンが常にきれい。“仕舞い”のミニマリズム ほか)/第2章 幸福論をミニマル化すると、最後に「空」だけが残った。(原始のころから、人は夕陽を眺めている。/誇れるのも、羨むのも、人が見た美しい風景の数だけ。/いつのまに暗くなったのか、気づかない生活。 ほか)/最終章 私たちに流れるミニマリストのDNA(モノも仕事も人間関係も、最小限でいい。/日本人の伝統的ミニマリズムとは。/ミニマリズムに向かう未来。 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
沼畑直樹(ヌマハタナオキ)
ミニマリスト。コンテンツ制作会社テーブルマガジンズ代表。2014年、写真集の編集担当だった佐々木典士氏とサイト『ミニマル&イズム』をたち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー
  • 家の掃除の為にはならない
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2016年12月14日

    物を捨てはじまるミニマリズムの暮らしという見出しで
    これから家の物を捨てようと思い、参考になるかと思い購入しましたが、捨てた後の話しだったので家の物をどう捨てたらいいかなどのアドバイス的な事はなく、表紙が部屋の写真だったので他にもあるかと思っていたけどなかったので、モチベーションがあがらなく期待はずれだった。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,296円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:美容・暮らし・健康・料理

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ