MUSICMAGAZINE(ミュージックマガジン)2015年12月号[雑誌]
雑誌
現在地
トップ > 雑誌 > 音楽・芸能 > 音楽

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2015年 12月号 [雑誌]
ミュージックマガジン

822円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この雑誌の他の号を見る

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年11月20日
  • 出版社:  ミュージックマガジン
  • サイズ:  A5
  • 楽天ブックス雑誌コード:  08479
  • JANコード:  4910084791250

商品説明

ロックを中心に世界の最新の音楽を鋭く評論
※定期購読なら全品ポイント3倍!
MUSIC MAGAZINE(ミュージック・マガジン)
送料無料
1冊価格:823円

(別ページに移動します) ※価格は変更される場合がございます。

【内容紹介】
【特集】 星野源

9月に著書『働く男』が文庫化、10月からのドラマ「コウノドリ」にも出演と話題を呼びつつ、ミュージシャンとしての音楽活動も、5月にシングル「SUN」を発売、8月には武道館で弾き語り2デイズを敢行、そして12月に2年半ぶりのアルバムをリリースする星野源。2012年、2013年の活動休止から復活して、初めてのアルバムだ。そのタイトル『YELLOW DANCER』が示す通り、これまでは「趣味」だったと語るブラック・ミュージックを正面から取り上げ、自身の音楽性と融合させようという、力作。ならば、制作にかける思いと、星野源自身が聞いてきた“ブラック・ミュージック”を掘り下げよう。そんな特集をお届けします。

■ ロング・インタヴュー〜現代の“イエロー・ミュージック”の境地(渡辺裕也)
■ 星野源が選ぶ“ブラック・ミュージック”ディスク・ガイド(構成=坂内優太)

【特集】 デモは続く! ──言うこと聞かせる番だ俺たちが

2015年夏、国会前をはじめ、全国で安保法制反対デモが巻き起こった。法案成立後もその動きは止まらないが、そこで重要な役割を果たしたのが“コール”や“ドラム隊”などの音楽的な要素だ。今回の特集では、デモを主催するSEALDsのメンバーや、積極的に参加しているラッパーのECDらに取材し、その全体像に迫ってみた。

■ 音楽的な感覚が吹き込まれた「コールを作る」という文化(高橋健太郎)
■ ECD〜新作に反映された2015年の振幅(河地依子)
■ SEALDs〜デモを主催する学生グループの主要メンバーに聞く(池上尚志)

ほか

みんなのレビュー

  • 源さん
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年12月01日

    ハマリにハマって、表紙の本を購入しています。
    お風呂でじっくり読むのが、今は自分の癒し時間…
    原さんのお陰で活字嫌いも、外に出る勇気も貰いました。
    本当にありがとうございます。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

822円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:音楽・芸能

    ※1時間ごとに更新

    このページの先頭へ