【7月25日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
近代フランス農村世界の政治文化[工藤光一]
  • Googleプレビュー

近代フランス農村世界の政治文化 噂・蜂起・祝祭 (世界歴史選書)
工藤光一

3,456円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年11月
  • 著者/編集:   工藤光一
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  259,
  • ISBNコード:  9784000268554

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
国民統合が進展する一九世紀フランスで、地域に生きる人びとは「政治」とどう関わっていたのか。ナポレオン復活の「うわさ」にあらわれた集合的想像力、一八五一年蜂起における民衆意識、国民祭典におけるローカル/ナショナルのせめぎ合いー東部のオーブ県、南部のヴァール県に残された文書史料を読み解き、農民たち自身が「政治」を主体的に生き、自らのものとしていくさまを描く。社会史研究と文化史学が交錯する「政治文化論」の到達点。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 噂と政治的想像界(一九世紀フランスにおける噂のダイナミクス/ルイ一八世治下のナポレオンに関する噂ーシャンパーニュ地方オーブ県を中心に)/第2部 蜂起と農村民衆の「政治」(バス=プロヴァンス地方ヴァール県における一八五一年蜂起の展開/山岳派秘密結社と一八五一年蜂起の「組織性」/一八五一年蜂起の意識形態)/第3部 祝祭と「国民化」(第二帝政下の「国民祭」-シャンパーニュ地方の事例から/一九世紀末第三共和政下の共和主義的祝祭)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
工藤光一(クドウコウイチ)
1958年、茨城県土浦市生まれ。フランス近代史専攻。1983年、東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科(西洋史学専攻)に進学。1989-1992年、フランス政府給費留学生としてパリ第一大学に留学。1993年、東京大学大学院博士課程単位取得退学。成蹊大学講師を経て、1995年より東京外国語大学にて教鞭を執る。2015年歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,456円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      嫌われる勇気
      嫌われる勇気

      岸見一郎

      1,620円(税込)

    2. 2
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    3. 3
      なにがあってもずっといっしょ
      なにがあってもずっといっしょ

      くさのたき

      1,296円(税込)

    4. 4
      鹿の王 3
      鹿の王 3

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    5. 5
      女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと
      女の子が生きていくときに、覚えていてほ…

      西原 理恵子

      1,188円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ