汽車のあった風景(西日本篇)[安田就視]
  • Googleプレビュー

汽車のあった風景(西日本篇) SL終焉期の昭和日本 (DJ鉄ぶらブックス)
安田就視

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年12月15日頃
  • 著者/編集:   安田就視
  • 出版社:   交通新聞社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  144p
  • ISBNコード:  9784330625157

商品説明

【内容情報】(出版社より)
1975(昭和50)年12月14日を最後に、国鉄の営業線から旅客SL列車が姿を消して今年で40年。本格的なSLが走っていた最後の時代を、カラーフィルムで記録した写真家の貴重なライブラリを基に振り返ります。昭和40年代の抒情的な鉄道風景を、撮影時の記憶や路線の概況解説とともに収めた「西日本篇」。昭和の鉄道ファン・SLファン垂涎の書籍です。

【目次】(「BOOK」データベースより)
東海北陸/対談 東海北陸を走った汽車/関西/対談 関西を走った汽車/中国/対談 中国地方を走った汽車/九州/対談 九州を走った汽車

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
安田就視(ヤスダナルミ)
写真家。志木市美術協会会員。1931年2月、香川県生まれ。日本画家の父につき、日本画、漫画を習う。高松市で漆器の蒔絵を描き、彫刻を習う。のど自慢の優勝で芸能界に入り、歌手として主に西日本を巡業。テレビ番組にも出演。その後カメラマンになり大自然の風景に魅せられ、漂泊の旅に出る。そして消えゆく昭和の鉄道、SL、私鉄など全線をオールカラーで撮影。そのほか四季の風景、風俗、日本の祭り、学参物、伝統工芸など、大判カメラで撮影。屋島なるみとして2014年9月懐かしい昭和の名曲集〜高原列車は行く〜を83歳にして日本コロンビアよりCDデビュー

原口隆行(ハラグチタカユキ)
1938年9月、東京生まれ。終戦直前父祖の地佐賀市に疎開、高校までを過ごす。1963年3月上智大学卒業後凸版印刷(株)に入社。1968年頃、蒸気機関車が数を減じていることを危惧して追跡を開始、その終焉後は関心を鉄道全般に広げ、『鉄道ジャーナル』『旅と鉄道』などに寄稿を続けたのち1982年9月、フリーになり執筆活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ