この激動期、トヨタだけがなぜ大増益なのか
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 機械工学

この激動期、トヨタだけがなぜ大増益なのか 21世紀を勝ち残り、繁栄を築くためのヒントがここに
佃義夫

1,620円(税込)1,500円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2001年08月
  • 著者/編集:   佃義夫
  • 出版社:   すばる舎
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  254p
  • ISBNコード:  9784883991488

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
常に危機意識を持って変革を重ね、生産・販売両面で逸早くITを活用。さらに、「創造的破壊」とまでいわれる発想転換、徹底したコスト削減…。すべての企業にとっての手本ともいうべきトヨタイズムの真髄に迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ トヨタの凄さを数字で見る/第1章 「おじさんくさいトヨタ」が大変身した/第2章 全社に浸透するトヨタイズムの真髄とは/第3章 「販売のトヨタ」が顧客満足を追及する/第4章 コストダウンへの飽くなき執念を見た/第5章 ITはトヨタ経営の大事な道具である/第6章 環境・安全対策なくして企業の未来はない/第7章 トヨタとホンダだけが「勝ち組」となった/第8章 もはや単なる自動車メーカーではない!/エピローグ トヨタが「地球代表企業」に羽ばたくための課題

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
佃義夫(ツクダヨシオ)
1948年生まれ。70年中央大学卒業。同年、日刊自動車新聞社入社、編集局勤務。物流、自動車販売・整備、部品・用品の各分野担当。日本自動車工業会記者クラブ、運輸省記者クラブ詰めなど、自動車メーカーをはじめ関連産業全般について豊富な取材経験を持つ。編集委員を経て、89年編集局第3部長(自動車販売・整備分野担当)。91年同第一部長(自動車生産分野および行政分野担当)。93年編集局次長(論説担当)。94年営業局次長待遇。96年出版局次長兼オートリペア&リサイクル誌編集長。97年出版局長。2000年自動車総合オピニオン誌「Mobi21」編集人兼務、現在に至る。地方紙、経済誌などへの執筆のほか、講演活動等にも活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,620円(税込)1,500円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      1分間瞑想法
      電子書籍1分間瞑想法

      吉田昌生

      1,188円(税込)

    2. 2
      サイコパス
      電子書籍サイコパス

      中野信子

      800円(税込)

    3. 3
      小さいことにくよくよするな!
      電子書籍小さいことにくよくよするな!

      リチャード・カールソン

      295円(税込)

    4. 4
      疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい
      電子書籍疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい

      寺林陽介

      1,188円(税込)

    5. 5
      日本人の9割が知らない遺伝の真実
      電子書籍日本人の9割が知らない遺伝の真実

      安藤 寿康

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ