楽天ブックス限定お買いものパンダしおりプレゼントキャンペーン
電力自由化のリスクとチャンス
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学

電力自由化のリスクとチャンス
山家公雄

2,052円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は、2000年3月に電力の小売り部分自由化が始まって1年が経過し、さらに2年後の見直しの検討に向けて議論が開始されようとしているこの時期に、我が国の電気事業の制度設計や自由化の考え方についての整理を試みるものである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 欧米における電力自由化の影響と我が国の電力自由化の視座(欧米に見る電力自由化とその影響/電力ビジネスと金融手法/我が国の電気事業を巡る特徴と事業リスク)/第2部 アメリカにおける7つの電気事業リスク(ストランデッドコストのリスク:資本コスト及び長期債務の過小回収/垂直的統合解体に伴うリスク/電力供給機能に係る制度上のリスク/電力供給に係る市場リスク ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山家公雄(ヤマカキミオ)
昭和31年4月6日生。昭和55年3月東京大学経済学部卒業。昭和55年4月日本開発銀行入行。平成2年3月営業第一部調査役(電力担当)。同3年3月営業第二部調査役(物流、食品担当)。同5年3月調査部調査役(鉄鋼、物流担当)。同7年3月米国ブルッキングス研究所。同8年4月総務部所属参事役(沖縄振興開発金融公庫出向)。同10年4月新規事業部環境対策支援室課長。同11年6月エネルギー部電力室課長。同11年10月日本政策投資銀行環境・エネルギー部課長(電力担当)。同13年3月国際部参事役。同13年6月ロスアンジェルス事務所首席駐在員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,052円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ