期間限定 全品ポイント10倍以上!開催期間:3月24日(金)00:00から3月31日(金)23:59まで いつでも全品送料0円

上記キャンペーンの開催に伴い、期間中のご注文は発送が遅れる可能性がございます。

家の匂い町の音
  • Googleプレビュー

家の匂い町の音 むかし卓袱台があったころ
久世光彦

1,728円(税込)1,600円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2001年10月
  • 著者/編集:   久世光彦
  • 出版社:   主婦の友社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  191p
  • ISBNコード:  9784072311202

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
むかし、どこの家にも独特の匂いがあり、町には生活の音があった。いつのころからか、そんな匂いや音が消え、日本人の心情も変わってしまった。名手・久世光彦が失われゆく日本人の住まいや暮らし、そして心ばえに、切々たる愛惜と思慕の情を寄せた珠玉のエッセイ集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
願わくば畳の上で/むかし電話がなかったころ/私はいったい誰でしょう/掛け軸を買おうかな/還暦をひとりあれこれ思案して/二軒長屋と火焔太鼓/五歳で漱石をそらんじる/家のあちこちにあった薄あかり/本棚からつぶやきが聞こえる/布団の上で跳びはねる〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
久世光彦(クゼテルヒコ)
1935年、東京生まれ。東京大学文学部美術史学科卒業。東京放送(TBS)を経て、1979年、テレビ制作会社カノックスを設立。演出家。1992年、『女正月』の演出により芸術選奨文部大臣賞を受賞。その他、作詞・脚本・評論・エッセイなど幅広い分野で作家活動も行っている。1998年紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,728円(税込)1,600円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】九十歳。何がめでたい
      【入荷予約】九十歳。何がめでたい

      佐藤 愛子

      1,296円(税込)

    2. 2
      【予約】朝日俳壇2016
      【予約】朝日俳壇2016

      朝日新聞社

      3,024円(税込)

    3. 3
      【予約】劇場
      【予約】劇場

      又吉直樹

      1,404円(税込)

    4. 4
      か「」く「」し「」ご「」と「
      か「」く「」し「」ご「」と「

      住野 よる

      1,512円(税込)

    5. 5
      応仁の乱
      応仁の乱

      呉座勇一

      972円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ