ルポ母子避難[吉田千亜]
  • Googleプレビュー

ルポ母子避難 消されゆく原発事故被害者 (岩波新書)
吉田千亜

820円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年02月27日頃
  • 著者/編集:   吉田千亜
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  216p
  • ISBNコード:  9784004315919

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
原発事故で避難した母子の生活が困窮している。政府は、いわゆる「自主避難者」への住宅無償提供を二〇一七年春に打ち切る。子どもを守りたい一心で避難した母親たちが、事故から五年経った今、何に不安を感じ、困り、苦しんでいるのか。事故後、避難した母子に寄り添い続ける著者が、克明に綴る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 地震直後ー迫られた選択/第2章 避難生活ー劣悪な環境/第3章 夫ー一人残されたとき/第4章 作られていくしくみー被害の矮小化のはじまり/第5章 なぜ避難者支援が不十分なのか/第6章 帰還か、避難継続か/第7章 消されゆく母子避難者

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
吉田千亜(ヨシダチア)
立教大学文学部卒業。出版社勤務を経て、フリーライター。東日本大震災後、放射能汚染と向き合う母親たちの取材をつづけている。原発事故と母親を取材した季刊誌『ママレボ』、埼玉県に避難している人たちへの情報誌『福玉便り』などの編集・執筆に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 原発事故から5年!何も解決されていない。
    テンテン68
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年03月06日

    自主避難で棄民扱いされている母子の様子に泣けました。
    なんて、日本人は優しくないのだろう!
    国は政府は、権力は、そして電力会社は大切な子どもたちの
    命をどう考えているのか!しかも原発を再稼働させて、自分の利益だけを
    追い求め、再びやってくだろう大震災に備えない、おろかとしか言いようがない。この本をぜひ読んでいただき、もう一度原発に向き合ってもらいたい。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2017年07月17日 - 2017年07月23日)

     :第-位( - ) > 新書:第2717位(↑) > 美容・暮らし・健康・料理:第443位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

820円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
      未来の年表 人口減少日本でこれから起き…

      河合 雅司

      820円(税込)

    2. 2
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    3. 3
      定年後
      定年後

      楠木新

      842円(税込)

    4. 4
      マイホーム価値革命
      マイホーム価値革命

      牧野知弘

      842円(税込)

    5. 5
      応仁の乱
      応仁の乱

      呉座勇一

      972円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ