橋本治が大辞林を使う
  • Googleプレビュー

橋本治が大辞林を使う
橋本治

1,296円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2001年10月
  • 著者/編集:   橋本治
  • 出版社:   三省堂
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  229p
  • ISBNコード:  9784385360270

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は、『大辞林』という辞書を使っている著者にとって、「辞書というものがどういうものだったか」を語る本である。「私にとって、辞書というものはどのようなものであって、辞書というものをどのように使って来たか」である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 辞書よりも前に、生きた言葉がある(私の言葉がへんなわけ/話言葉を構築する/外に出て行く言葉、出て行かない言葉)/第2章 身体としての言葉(ある欠落/言葉をどうとらえるか/『大辞林』で『窯変源氏物語』を書く/口から出る言葉)/第3章 耳から入る言葉、目から入る言葉(耳から入る言葉/分からないから辞書を引く/知っているから辞書を引く)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
橋本治(ハシモトオサム)
1948年東京生れ。東京大学文学部国文科卒。作家。在学中に描いた駒場祭のポスターで注目を浴び、イラストレイターの活動を続け、77年の『桃尻娘』で作家活動を開始。以降、小説・評論・戯曲・古典の現代語訳・芝居の演出等で活躍。『宗教なんかこわくない』で新潮学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,296円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ