【4月26日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
ようこそ!西洋絵画の流れがラクラク頭に入る美術館へ[とに〜]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

ようこそ! 西洋絵画の流れがラクラク頭に入る美術館へ
とに〜

1,620円(税込)1,500円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年05月01日
  • 著者/編集:   とに〜
  • 出版社:   誠文堂新光社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  224p
  • ISBNコード:  9784416516409

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「興味はあるけど、アートって敷居が高いよね」
そう思っていらっしゃる方は多いと思います。
しかも、美術史はほぼそのまま世界史と同じ。
長大ですし、「印象派」や「フォービズム」など流派の名前も膨大です。
ですから、各流派の名前は聞いたことがあっても、具体的にどんな絵なのか?
なぜその流派が発生し、廃れたのか?
まで把握している方は少ないのではないでしょうか。
しかし、知らないままではアートに対して抱えているコンプレックスは消えません!

そこで本書の登場です。
本書では、過去から現代にかけて西洋絵画の世界で何が起きたかを俯瞰していただけるよう、
「空想の美術館」を本の中に作りだします。
そして、当館の学芸員であるアートテラーのとに〜さんと一緒に各部屋を回りながら、
「ムンクとセットで語られる『表現主義』って何?」
といった疑問に答えてもらうQ&A式の構成になっています。

元芸人のとに〜さんですから、解説も非常に親しみやすく、
わかりやすいものになっています。
その大半は、マンガや映画、女優やCMといった親しみやすいポップカルチャーです。
これなら、アートに関する予備知識はほぼ必要ありません。

大きく分けて本書は2章からなります。
第一章は西洋絵画史の流れがわかるようルネサンス以前から19世紀美術まで、
第二章では多様性を帯びた20世紀美術をご紹介していきます。

とに〜さんはご自身の職業「アートテラー」のことを、
楔を打つ仕事だとおっしゃっていますが、
まさに本書が「へぇ、この作家ってこんな背景があったのか。親しみやすい人だな」
「そんな理由で描かれた絵なんだ。実物を見てみたい!」と
読み手の心に楔を打ち込む内容になっていると思います。

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

予約受付中

1,620円(税込)1,500円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ