地方創生「ふたば」フェニックスシティ構想[片寄洋一]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学

地方創生「フタバフェニックスシティ」構想 原発事故被災八カ町村は大合併で蘇る
片寄洋一

2,592円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年03月29日頃
  • 著者/編集:   片寄洋一
  • 出版社:   同友館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  249p
  • ISBNコード:  9784496051968

商品説明

【内容情報】(出版社より)
序 章 福島第一原子力発電所事故再考
第1章 なぜ双葉郡に原発が設置されたのか
第2章 インフラ(基礎構造)整備
第3章 明日に懸ける農水産業
第4章 被災地の復興は新電力と廃炉産業
第5章 輝くふたばの未来のために

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 福島第一原子力発電所事故再考/第1章 なぜ双葉郡に原発が設置されたのか/第2章 被曝線量の正しい理解をー中間貯蔵施設/第3章 インフラ(基礎構造)整備/第4章 明日に懸ける農水産業ーITを駆使した水耕栽培農法への転身/第5章 被災地の復興は新電力と廃炉産業ー首都圏直結の送電網と変電所を生かす国際港と人工島建設の大英断/第6章 輝くふたばの未来のためにー被災地再興の原動力は教育にあり

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
片寄洋一(カタヨセヨウイチ)
横浜市生まれ、幼少で父と死別、母の実家、富岡町に移住。富岡町立小学校、中学校、双葉高校、中央大学法学部、慶應義塾大学経済学部各卒。在米(本社紐育)海運会社入社、VLCC(超巨大タンカー)船長。ペルシャ湾積み、喜望峰回り欧・米大西洋岸石油基地揚げに就航。その後、中東諸国、ブラックアフリカ諸国でシップマネージメント、ロッテルダムでマリンローヤーとして活躍、定年で帰国後、海事事務所、大学講師、著述・免許・資格多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,592円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ